アロマテラピーの効果

アロマテラピーの効果について

アロマテラピーには、様々な効果があります。大きく分類すると、精神面に与える効果、皮膚に与える効果、そして体内での効果に分けることができます。

■精神面に与える効果
アロマテラピーでは、蒸散した精油を香りとして嗅ぐことによって、脳の疲れやストレス、イライラを解消することができます。意識してリラックスしようと努力しなくても、アロマテラピーの香りをかぐだけで脳がリラックスできますし、緊張感、瞑想感、覚醒感、快感、安心感のような感情のバランスも改善されます。

■皮膚に与える効果
アロマテラピーでは、精油を直接皮膚に塗布することでも効果を得ることができます。それが、皮膚に直接与える効果ですね。皮膚への効果は、肌の表面にある角質細胞に直接作用するので、スキンケアとして使われることも多いようです。例えば、固くなりやすい皮膚を柔らかくしてくれる作用を持つベンゾイン、肌を引き締めてくれる作用があるローズマリー、サンダルウッド、イランイランなどは、香りを楽しめるだけではなく、スキンケア効果も高いのが魅力です。

■体内に与える効果
アロマテラピーで使う精油は、体内に入ると直接的にさまざまな機能を活性化してくれる作用もあります。例えば、アロマテラピーが誕生したきっかけとなったラベンダー精油には、止血作用があります。また、ローズマリーの精油なら、血行を促進してくれる作用があるので、冷え性の人にはおすすめですね。筋肉痛ならカモミールが良かったり、アロマテラピーによって体内の組織に直接的に作用してくれる精油もあります。

その他にも、グレープフルーツはリンパの流れを促進してくれたり、ジュニパーには利用作用があったり、代謝機能を活性化する効果を持つ精油もあります。免疫力をアップしたいなら、フランキンセンスの精油がおすすめで、病気にかかりにくい丈夫な体を手に入れることが可能です。こうした皮膚に直接与える作用は植物療法とも呼ばれていて、欧米では代替療法としても活用されています。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!

精油3本入りのアロマテラピーお試しセットです。ラベンダー、スイートオレンジ、プチグレインが入っています。オリジナルブレンドもお楽しみいただけます♪ いろいろな精油をお試しになりたい方にぜひオススメ! ※詳細はコチラ→ アロマテラピートライアルセット

このページのトップへ