アロマテラピーのレシピ

アロマテラピーのレシピについて

アロマテラピーは、どのような精油を使ってどんな作用を与えるかによって、それぞれレシピが存在しています。アロマテラピーのレシピはネットでもたくさん紹介されているので、基本的なレシピを知りたい場合には、そうしたお手本となるレシピを参考にすると良いでしょう。

例えば、女性の更年期障害で発生する嫌な症状を緩和できるアロマテラピーのレシピには、カモミールやジャスミン、ローズ、ゼラニウム、サンダルウッド、セージ、フェンネルなどの精油が効果的と言われています。これらの精油にはホルモンバランスを整えてくれる作用があるだけでなく、リラックス効果も期待できるので、更年期障害の症状にも効果的というわけですね。また、ラベンダーやスイートオレンジ、レモン、ペパーミントなどの柑橘系の精油にはイライラや鬱状態な精神状態を軽減する作用があるので、更年期障害の改善にも効果的です。

これらの精油を使って、どのようにアロマテラピーをしたらよいのでしょうか?更年期障害の例でご紹介しましょう。

例えばお風呂に精油を入れてアロマバスを作る場合、上記の精油を自分の好みで選び、数滴をバスタブの中にたらすだけでOKです。人気のある精油の組み合わせとしては、カモミール+セージ、ラベンダー+カモミール、ラベンダー+サイプレスなど。ニオイの組み合わせを考えながら調合すれば、完成度が高いアロマテラピーとなります。実際に香りを混ぜてみて、好き嫌いで判断しても良いかもしれませんね。

液体タイプの精油だけではなく、ソルトタイプになっている精油を複数混ぜて、バスソルトを作ることも可能です。この場合には、液体の精油をバスタブに直接入れるわけではないので、2種類だけではなく、もっと複数を混ぜてもOKです。調合する配合、一度のお風呂にどのぐらいの量を入れるかによってもアロマテラピーの効果や作用は異なるので、何回も試行錯誤しながら、自分だけのレシピを見つけてくださいね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!

精油3本入りのアロマテラピーお試しセットです。ラベンダー、スイートオレンジ、プチグレインが入っています。オリジナルブレンドもお楽しみいただけます♪ いろいろな精油をお試しになりたい方にぜひオススメ! ※詳細はコチラ→ アロマテラピートライアルセット

このページのトップへ