アロマテラピー・ディフューザー

アロマテラピー・ディフューザーの選び方

広い空間一杯にアロマテラピーの香りを満たしたい場合には、ディフューザーがおすすめ。ディフューザーは、熱を使わないタイプのアロマテラピーで、コンセントに差し込むタイプのモノが多いのですが、最近では精油にスティックを刺して部屋いっぱいに香りを広げるタイプのものも人気があります。本来のアロマテラピーでは、精油を熱によって蒸散させるという仕組みになっていますが、ディフューザータイプのアロマテラピーは熱を使わないため、精油そのものの香りを楽しむことができるという魅力があります。

ディフューザータイプのアロマテラピーは、大きく分類すると2種類に分類できます。

■精油そのものを使うタイプ
コンセントに差し込んだり、精油に吸収性の良いスティックを差して香りを広げるというタイプが、このタイプになります。広い空間にも香りを広げることができますし、放置しておくだけで香りを楽しめるので、手間がかからないというのも大きなメリットです。

■ミスト化して使うタイプ
加湿器に使われるアロマテラピーは、このタイプになります。アロマの精油を使うことができる加湿器でしか使うことができないというデメリットはありますが、精油がミスト状になることによって、細かい粒子が空気の中に拡散し、アロマテラピーとしての効果を存分に発揮してくれるのが特徴です。加湿器によって精油を消費するため、精油の消費量は他のタイプと比べるとかなり多くなります。エステサロンや美容室などのショップに入ると良い香りがするのは、このタイプのアロマテラピーが多いようですね。

その他にも、水と精油をミックスさせて、それを空気中にスプレーしてアロマテラピー作用を期待できるタイプのディフューザーなどもあります。ディフューザーでは、特別に精油の種類が限定されているわけではないので、自分の好みや効能によって精油を選ぶと良いでしょう。お花の香りならリラックス効果が高いのでエステなどに多く使われていて、オフィス系には柑橘系やハーブ系の香りが人気のようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!

精油3本入りのアロマテラピーお試しセットです。ラベンダー、スイートオレンジ、プチグレインが入っています。オリジナルブレンドもお楽しみいただけます♪ いろいろな精油をお試しになりたい方にぜひオススメ! ※詳細はコチラ→ アロマテラピートライアルセット

このページのトップへ