足のむくみの原因

足のむくみの原因について

「足がむくみやすい」
「体の他の部分はむくまないのに、なぜか足ばかりがむくむ」
という人は少なくありません。足にかかわらず、皮膚がむくむ原因には、内臓機能が低下していたり、血行が悪くなって老廃物や毒素が細胞内に蓄積されてしまうなどの原因があります。誰でも足がむくむという経験はしたことがあると思いますが、むくみがなかなか取れなかったり、慢性的になっている場合には、もしかしたら、単なるむくみではなく、内臓系疾患の症状の一つとしてむくみが現れているのかもしれませんから注意が必要です。

・ホルモン異常
甲状腺でホルモン分泌が正常に行われにくくなってしまうと、足のむくみだけでなく、体のいろいろな所に症状が現れてしまいます。動きが鈍くなったり、動機や息切れがしやすくなってしまったり、疲れやすかったり、体が冷たくなってしまうなどの症状を感じたら、もしかしたらホルモン異常なのかもしれません。

・静脈瘤
下半身の静脈瘤についている弁が破壊され、血液が逆流してしまうのが静脈瘤と呼ばれる疾患。見た目には、血管が浮き出ているように見えたり、血管がその部分だけ飛び出しているように見えるのが特徴です。

・うっ血性心不全
全身に血液を送り出している心臓のポンプ機能が機能低下してしまうと、手足などの末端部分に十分な血液が行き渡りにくくなり足がむくみやすくなってしまいます。

・血液やリンパの流れが悪い
冷え性などが原因となるむくみの多くは、血行やリンパ腺が詰まってしまったり、循環が悪くなることで体内の老廃物が下半身にたまってしまうことが原因で足がむくむことが多いようです。姿勢が悪かったり骨盤がゆがんでいたりしても、下半身の血液の循環が悪くなってしまうので、むくみや少なります。

・腎臓系疾患
ネフローゼなど、腎臓系の疾患を抱えていると、血液中の蛋白質が尿として排出されてしまい、その結果、血液中の蛋白質が急激に不足してしまいます。それが、手足のむくみにつながります。足だけでなく、手もむくむのが、腎臓系疾患の特徴です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [足のむくみ対策館]について

足のむくみの原因や解消法の基礎知識をはじめ、腎臓や肝臓など内蔵との関係についてや、ツボや靴下などでの解消方法の紹介に、病気との関係性まで幅広く奥深くまで解説した、足のむくみ対策総合情報サイトです♪
フィットネスジャパンHealthcare [足のむくみ対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ