癌と足のむくみ

癌と足のむくみについて

癌の症状の一つに、足のむくみがあります。足がむくむという症状が出るのは、がんの中でもかなりの末期がんの場合で、足がむくむ以外に血を吐いてしまったり、下血が出やすかったり、また、お腹の中に水がたまりやすい症状なども同時に起きることが多いようです。

なぜ末期がんまで癌が進行すると、足がむくみやすくなってしまうのでしょうか。専門家によってその理由は異なるようですが、一般的には栄養失調が原因と考えられることが多いようですね。末期がんになると癌治療をしている人も多く、健康な状態と同じほどに食欲がある場合は少ないようです。それに加えて、がん細胞が食事から摂取した栄養素を奪い取ってしまうため、体内に吸収される栄養成分はかなり貧困な状態になってしまいます。そうすると、アルブミンなどの蛋白質が不足し、むくみが起きやすくなるといわれています。

また、がん治療を行うための抗がん剤による副作用によって、足の浮腫みが起きる場合もあります。抗がん剤の種類によってどんな副作用が起きるのかは異なりますが、足がむくみやすくなるだけでなく、足がしびれたような感じになったりする場合もあるようです。この場合には、どこまでその副作用を我慢できるのか、自分自身との格闘になります。がん治療を続ける限りは、この副作用も慢性的に出てしまうので、医師と相談しながら治療を進めていくことが必要です。

がんの手術を受けた後に足の浮腫みが出る場合には、手術によってリンパ浮腫などの浮腫みが起きていることも考えられます。

末期がん患者の足の浮腫みには、病院側でもいろいろな対処法がラインナップされています。リフレクソロジーと呼ばれる足のマッサージや指圧が行われたり、足の温浴設備が完備されていたり、足の浮腫みを取ることによって少しでも生活から不便や不快さを取り除くことができるようになっているようです。これらの治療は、終末期緩和治療と呼ばれています。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [足のむくみ対策館]について

足のむくみの原因や解消法の基礎知識をはじめ、腎臓や肝臓など内蔵との関係についてや、ツボや靴下などでの解消方法の紹介に、病気との関係性まで幅広く奥深くまで解説した、足のむくみ対策総合情報サイトです♪
フィットネスジャパンHealthcare [足のむくみ対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ