足のむくみと激痛

足のむくみと激痛について

足がむくむと、足の皮膚がパンパンに張って苦しくなったり、ひどい場合には激痛が走って日常生活に支障をきたすこともあります。足のむくみが原因で足に激痛を感じるという場合には、もしかしたらむくみの程度がひどくて、血管を圧迫していることによる痛みなのかもしれません。そこまでむくみを我慢してしまうのもよくないので、むくみ始めたなと感じたら、すぐに指圧やマッサージなどをして、むくみがひどくならないように解消してあげる工夫が必要です。

立ち仕事などをしていたり、下半身がどうしてもむくみやすい人などにとっては、指圧をしてもマッサージをしても、其れでも足のむくみが我慢できないほどになってしまうことも少なくありません。足のむくみがひどくなり、それが激痛を引き起こしている場合には、内科などでむくみについて相談してみるとよいでしょう。激痛を我慢しても、むくみによって血管が圧迫されている場合には痛みが自然になくなることはあまりありません。もちろん、むくみが取れれば痛みも取れますが、むくみとともに痛みも戻ってきてしまいます。

足のむくみと激痛は、むくみだけではなく、腰痛やひざなどの関節痛、または骨盤や骨格のずれやゆがみによってさらにひどくなっている場合もあります。慢性的に体のバランスが崩れていると、無意識のうちに下半身に無理な力がかかってしまうため、むくみも一層ひどくなってしまうことがあるわけですね。

足のむくみによって激痛を感じる場合には、内臓疾患が原因となっていることも考えられます。たとえば、心臓病や腎臓系の疾患を持っている場合には、むくみによって痛みが引き起こされる症状もあったりするので、、専門家の診察を受けてみてください。レントゲン、血液検査、そして心電図などを取ればどこが悪いのか見つけることができるようです。

足以外の部分にむくみの原因がある場合には、その原因を解決しなければむくみを永久に解消することはできません。しかし、場合によってはそうした疾患があるわけではなく、ただ単にむくみやすい体質によって激痛を引き起こしてしまうという場合もありますよね。

その場合には、できるだけむくみがひどくならないように普段からツボを指圧したり、マッサージをしたりして、むくみが蓄積されないようにコンスタントに体外に排出する工夫が必要です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [足のむくみ対策館]について

足のむくみの原因や解消法の基礎知識をはじめ、腎臓や肝臓など内蔵との関係についてや、ツボや靴下などでの解消方法の紹介に、病気との関係性まで幅広く奥深くまで解説した、足のむくみ対策総合情報サイトです♪
フィットネスジャパンHealthcare [足のむくみ対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ