老人の足のむくみ解消法

老人の足のむくみ解消法について

足のむくみは、立ち仕事をしている人や冷え性の人だけに起きる症状問わけではありません。長時間立っていることが少ない老人でも、足がむくみやすくて困っている人たちはたくさんいます。

老人の足のむくみは、運動不足によって血液の循環が悪くなってしまうことが原因で起きていることが多いようです。老人になるとどうしても腰や関節などに痛みを抱えていて動くのが面倒になってしまったり、若者のように長距離を歩いたりして筋力をキープするような生活習慣ではありませんから、どうしても運動不足になりがちです。そのため、むくみが起きやすくなってしまうわけです。

老人の足がむくみやすいことには、加齢による身体機能の衰えも考えられます。加齢によって循環機能や代謝機能がどうしても自然に低下してしまいますから、それによって水分が体内に蓄積されやすくなってしまいます。体内の水分は重力によってどうしても下半身の足にたまりやすくなってしまうため、それが足のむくみにつながってしまうyわけです。

老人の足のむくみを解消するためには、できるだけ体を動かして筋力をつけてあげることが必要です。筋トレをする必要はありませんが、できるだけ近所を歩くようにしたり、立ったり座ったり動き回る習慣をつけることで、全身の血液の循環が促進されるので足もむくみにくくなっていきます。

また、マッサージなどによって血行を良くすることも、足のむくみを予防することにつながります。自分でふくらはぎを軽くマッサージするだけでも、足はむくみにくくなります。一日わずか数分間でOKなので、足のむくみが気になる場合にはぜひ、マッサージを日常生活の中に取り入れてみるとよいでしょう。

それだけではありません。体が冷えたりすると血行が悪くなってしまうので、できるだけ体を冷やさないように温めてあげることも、むくみを予防したり軽減することにつながります。冷え性を抱えている人は特に、下半身を冷やさないように一枚多く服を着たり、靴下とスリッパを両方履くようにしたりして、工夫してみてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [足のむくみ対策館]について

足のむくみの原因や解消法の基礎知識をはじめ、腎臓や肝臓など内蔵との関係についてや、ツボや靴下などでの解消方法の紹介に、病気との関係性まで幅広く奥深くまで解説した、足のむくみ対策総合情報サイトです♪
フィットネスジャパンHealthcare [足のむくみ対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ