妊婦の足のむくみ対策

妊婦の足のむくみ対策について

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが崩れたり、お腹が大きくなることによって血管やリンパなどが圧迫されたりして、どうしてもむくみやすくなってしまいます。特に、大きくなるお腹によって血管が圧迫されて血行不純になりやすいのは、足などの下半身ですね。妊娠したばかりのころにはむくみの症状を経験していなくても、妊婦さんの30%以上は、お腹が急激に大きくなる妊娠8か月頃になると下半身に老廃物がたまりやすくなってむくみの症状を経験しているようです。

妊婦さんの足のむくみは、お腹が大きくなることで血管やリンパ腺が圧迫されていることが原因です。そのため、出産してお腹が小さくなれば、血管が圧迫される要因もなくなるので、むくみも自然に解消されていくはずです。しかし、出産までむくみ続ける足を我慢しろというのも大変ですよね。できるだけ血液が下半身にたまってしまわないように、足を上げて眠ったりするなど、生活習慣の中で工夫することが必要です。

妊婦の足のむくみは、栄養バランスが崩れることによって起きる場合もあります。妊婦さんはお腹の中に胎児を抱えています。妊婦さんが食べたものは優先的に胎児に送られるため、どうしても妊婦さんは鉄分などのミネラル成分が不足しやすくなってしまいます。鉄分が不足すると貧血の症状が起き、足の浮腫みやすくなってしまうので気を付けなければいけません。栄養バランスが取れた野菜たっぷりの食生活を心がけることは必要ですが、それでも鉄分が不足する場合などには、産婦人科のドクターに鉄分のサプリメントを処方してもらうのもおすすめですよ。自分でドラッグストアに販売されているサプリメントを購入する方法もありますが、妊娠中には万が一のことを考えて、自己判断でサプリメントを摂取するのは避けたほうが良いでしょう。

また、妊婦さんに冷えは禁物です。特にむくみやすい下半身は妊娠前よりも温めるように気を付けながら、冷え性にならないように体を温めてあげましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [足のむくみ対策館]について

足のむくみの原因や解消法の基礎知識をはじめ、腎臓や肝臓など内蔵との関係についてや、ツボや靴下などでの解消方法の紹介に、病気との関係性まで幅広く奥深くまで解説した、足のむくみ対策総合情報サイトです♪
フィットネスジャパンHealthcare [足のむくみ対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ