コレステロールと食品

コレステロールと食品について

血液中のコレステロール値を下げるなら、毎日の食生活を工夫したり改善することが何よりの近道です。動物性脂質に多く含まれているコレステロールは、動物性脂質を多くとってしまうと血液中の脂質も増えてしまいますし、そうした食品をできるだけ食べないように気を付けていれば、血液中のコレステロール値も下げることができます。

コレステロールを多く含んでいる食材には、
・肉の脂身(鶏・牛・豚の脂身、ベーコンなど)
・加工している肉(ベーコン、ソーセージなど)
・動物の内臓部分(レバー、ミノ、腸など)
・卵の卵黄部分
・卵を使って加工されている食材(アイスクリーム、生クリーム、チーズなど)
・乳製品(ヨーグルト、アイスクリーム、コーヒーミルクなど)
・魚の卵(キャビア、フォアグラ、いくら、ウニ、めんたいこ、たらこ、ししゃも、など)
・内臓もそのまま食べれる魚(ししゃも、いわし、にしん、など)
・甘いスイーツ(シュークリーム、エクレアなど)
・油製品(バター、マーガリン、植物油など)
・菌類(えのき、シメジ、なめこ、マッシュルームなど)
・ナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオ、ごま、など)
などにたっぷりと含まれています。

コレステロールを多く含んでいる食材の多くはオイリーな食材であることが多いのですが、中には「え?これが?」なんて驚いてしまうような食材もあったりするので気を付けたいですね。

コレステロール肉はが多く、魚にはコレステロールが少ない、というのはコレステロールを下げるための食材を選ぶ際の基本となります。しかし、内臓を取り出して焼いたりして食べる魚なら、コレステロールも悪玉コレステロールではないので問題ありませんが、魚卵系のものや、骨まで食べれる小魚などは、意外とコレステロールが多いようです。おいしいウナギのかば焼きや、魚の佃煮など、食べやすいように加工されている魚なども、加工の過程で使用される食材などによってコレステロールがたくさん含まれてしまうので、気を付けてくださいね。

健康食品として重宝できそうな食材の中にも、コレステロールが高いものもあります。コレステロールを下げるための食材を選ぶ際には、ヘルシーな食材だからといって必ずしもコレステロール値が低いというわけではないことを理解しておいたほうがよさそうですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ