血中コレステロールとは

血中コレステロールについて

健康診断で生活習慣病についての検査を行うと、まず最初に血液検査を行います。血液検査を行うと、血液の中にどのぐらいの糖やコレステロールが含まれているのかを知ることができます。血中コレステロールとは、血液の中にどのぐらいのコレステロールが含まれているのかを測定した値のことで、総コレステロールと呼ばれることも少なくありません。

健康診断などでコレステロールが問題になるのは、ほとんどの場合、血液の中に含まれているコレステロールのことです。そのため、血中コレステロールと呼ばずに、そのまま「コレステロール」と呼ぶ人も少なくないようですね。

血中コレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)とがあります。このうち、血管の壁にヘドロのようにこびりついて血液の通り道をふさぎ、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす可能性があるのは、悪玉コレステロールの方です。善玉コレステロールは、血管の壁にこびりついている悪玉コレステロールを引きはがし、悪玉コレステロールの墓場でもある腎臓まで運んでくれるという役割をしています。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールとは、連係プレーでバランスを取り合っているわけではないため、人によっては血中コレステロールの善玉コレステロール:悪玉コレステロールのバランスが悪いという人もいたりします。悪玉コレステロールが多すぎても、血液中の脂質が多すぎて動脈硬化のリスクが高くなってしまいますし、悪玉コレステロールの量がそれほど多くなくても、善玉コレステロールの量が少なすぎると、遅かれ早かれ悪玉コレステロールの量が増えてくることが容易に予想できます。

健康診断では、血中コレステロールの値がまず正常な範囲かどうかがチェックされ、次に悪玉コレステロールの量、そして善玉コレステロールの量がそれぞれチェックされます。悪玉コレステロールが高すぎると、高脂血症と判断されて治療が必要になりますし、善玉コレステロールが少なすぎてもまた、突然死などのリスクが高くなってしまうので治療が必要となります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ