低コレステロールとは

低コレステロールについて

血管の壁にまるでヘドロのようにこびりついて、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす可能性があるコレステロール。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、血管をふさいでしまうのは悪玉コレステロールだけなのですが、悪玉コレステロールの悪いイメージが先行しているために、コレステロール=悪、と考える人も少なくありませんよね。

血管にこびりついて血液の通り道をふさいでしまうのが悪玉コレステロールの作用なら、善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを取り除く働きをしています。血液中の悪玉コレステロールを排除するt前には善玉コレステロールの存在が必要不可欠なのです。

健康な人なら、血液中には善玉コレステロールも悪玉コレステロールもどちらも持っていて、それらがバランスよく作用していることが一般的です。しかし、中にはベジタリアンな食生活をしていたりして動物性脂質をほとんど摂取することがないために、血液中の善玉コレステロールが正常値よりも少なくなってしまうこともあります。それが、低コレステロールと呼ばれる症状です。

脂質のコレステロールは、血液中だけに存在しているわけではありません。体内に無数に存在している細胞の外側を脂質というクッションによって守る働きもしていますし、血管や神経束の周囲に存在しているコレステロールなら、衝撃によって血管や神経が傷つかないように衝撃緩和剤の働きもしています。低コレステロールになってしまうと、こうしたクッションがなくなってしまうため、わずかな衝撃で出血が起きやすくなったり、一つ一つの細胞が弱くなってしまうので、かえって命を脅かすリスクがアップしてしまいます。

「低コレステロール血症」と診断されると、血液中のコレステロール、体内の中性脂肪、リン脂質などが正常よりも少ない状態になっているということになります。動物性脂質を摂取すればコレステロールの量を上げることができるので、多くの場合には食事療法を行うことが多いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ