コレステロールの多い食品

コレステロールの多い食品について

コレステロールを多くとりすぎないためには、できるだけコレステロール含有量が多い動物性脂肪から作られている食品は避けたほうが良いでしょう。豚肉や牛肉の脂身は見ただけでも動物性の脂ですから、コレステロールが多そうなのは容易に想像できますが、動物性の脂質から作られているバターやマーガリンなども、コレステロールはたっぷり含まれています。

卵も要注意の食材です。卵に含まれているコレステロールの量は意外と多いのですが、タンパク質などヘルシーな栄養素もたっぷりと含まれているため、まったく食べないというのではなく、バランスを考えながら食べたい食材です。卵の中でも黄身の部分にコレステロールが多く含まれているので、卵を食べたいけれどコレステロールが気になる場合には、卵白部分を食べるのも良いかもしれません。

コレステロールがたくさん含まれている食品には、
・魚卵(すじこ、ししゃも、いくら、たらこ、うに)
・丸ごと食べれる魚(イワシ、ワカサギ、しらす、エビ、)
・加工食肉(ベーコン、ソーセージ、ウィンナー)
・乳製品(バター、ラード、ホットケーキ、チーズ、クリーム類、ヨーグルト)
・肉の脂身
・油(植物油など)
・加工食品(カップラーメン、揚げ物、ケーキ、肉まん、カレーのルーなど)
などがあります。

コレステロールの多い食品の中には、確かに食べなくても健康面で困ることがないような食品もありますが、中にはコレステロール値は高くても、栄養素が満載だという食品も少なくありません。そのため、コレステロールの値だけでその食品を食べるか食べ内科を決めるのではなく、食べる量や食べ方を工夫しながら、食べることが大切です。

今まで普通に食べていた肉や魚が突然食べれなくなってしまったら、コレステロール摂取量は下がるかもしれませんが、その分ストレスが増えてしまいますよね。そこで、油を使って調理するような方法は避けて、網で焼いたり、蒸したり煮たりする調理補法に変えることによって、同じ食品でもコレステロール摂取量を減らすことができます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ