断食とコレステロール

断食とコレステロールについて

コレステロールとは、一言でわかりやすく言うなら「血液内の脂質」です。運動をしたり基礎代謝などによって血液中の脂質は燃焼されたり分解されていきますが、分解される量よりもはるかに多くの脂質を摂取してしまうと、血液中に分解されないままの脂質が残ってしまい、それがコレステロールとして血液を詰まらせる原因にもなってしまいます。

血液中のコレステロールをスピーディに下げる方法の一つに、断食をする方法があります。断食と言っても。何も飲まず食わずの断食は、一時的に減量できてもすぐにリバウンドしてしまうので、お勧めできません。断食をする際には、かまなければいけないような食べ物はやめて、そのぶん、ミネラルやビタミン類が豊富な野菜ジュースやお茶などを飲んで、体内に必要あ栄養素は補給してあげるように気を付けることが大切です。

断食をすると、体内に脂質が摂取されなくなります。しかし、それでも体は脂質を必要とするため、体内に蓄積されている脂質が使われます。血液中の脂質、中性脂肪や皮下脂肪など体内に蓄積されている脂質がどんどん基礎代謝のために燃焼されるので、断食をすることによって血液中のコレステロール値を下げる効果が期待できます。

寝ている間にも、血液中の脂質は少しずつ使われているので、寝ながらコレステロールを下げることもできます。寝る前にはできるだけ胃を空っぽにしてあげるように工夫したり、睡眠時間をできるだけ確保してあげるようにすれば、寝ている間のプチ断食効果によって、血液をきれいにすることもできます。

生活習慣病が心配で、健康診断前になると無理に断食をして減量したりする人もいたりしますよね。数日間の断食をすれば、もちろんその分体の脂質が減るので体脂肪も減りますし、減量もできます。そして、血液中の脂質も減少するのでコレステロール値も下がります。しかし、其れで健康診断をクリアできても、無理な断食はあっというまにリバウンドしてしまうので気をつけなければいけません。健康診断をクリアできたからと言って暴飲暴食をしてしまったのでは、血液中の脂質がまた一気に増えてしまい、動脈硬化のリスクも一気にアップしてしまいます。気を付けてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ