コレステロールの原因

コレステロールの原因について

コレステロールという成分は、人間だけではなく動物の体にも必ず存在している脂質成分です。しかし、私たちが健康を考えた時に使う「コレステロール」は、完全に悪玉菌の扱い。わたしたちが普段使っている「コレステロール」とは、血液中のコレステロール、つまり脂質の量が増えている状態のことで、高脂血症と呼ばれることも多いようです。

コレステロールが増えてしまう原因は、生活習慣や食生活などが多いようです。日本従来の和食を積極的に食べている人なら、繊維質やミネラル、ビタミンなどが豊富で脂質が少ない食生活をしているでしょうから、あまりコレステロールを気にする必要はないと思います。しかし、洋風の食卓が多い家庭では、肉や魚などに含まれている脂質が多すぎて、血液中のコレステロールが増えている顔しれません。

アルコールもコレステロールを増やす原因となります。特に、アルコールとともにおつまみを食べる人は、おつまみのチョイスにも気を配ったほうが良いでしょう。揚げ物、肉類、卵類など、動物性の脂質が多く含まれている食材を食べると、血液中のコレステロール値が高くなってしまいます。

お菓子もコレステロールが増えてしまう原因となります。甘くておいしいお菓子に記載されている内容成分をじっくり見てみましょう。「脂質」と記載されていませんか?そして、驚くほどに脂質の量が多いと思います。スナックやチョコレートなどのお菓子も、食べ過ぎたり日常化してしまうとコレステロールが高くなるので気を付けましょう。

運動不足もコレステロールが増えてしまう原因となります。コレステロールは脂質なので、有酸素運動などのように脂質を燃焼できる運動をしていれば、自然と少しずつ燃焼されて少なくなります。しかし、運動不足だと脂質を燃焼する機会がないために、血液中のコレステロールが蓄積される一方となってしまいます。運動をするなら、ウォーキング、水泳、ジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ