コレステロールの正常値

コレステロールの正常値について

血液中の脂質が増えてしまうコレステロール(高脂血症)。人間だけではなく動物にも、生命が生きていくうえでコレステロールは必要不可欠な成分なので、どんなに健康な人の体内でも、ある程度の量のコレステロールは必ず存在しています。しかし、食生活や生活習慣などが原因で血液中のコレステロールが高くなってしまうと、血管が詰まってしまう疾患を引き起こしやすくなってしまうので注意しなければいけません。

コレステロールの正常値がどのぐらいなのかというのは、その国によって若干異なります。日本人の場合、正常とされるコレステロールの値は、130mg/dl〜200mg/dlぐらいと言われていて、220mg/dlを超えると、コレステロールが高すぎるとして薬が処方されたり、治療が必要になったりするようです。生活習慣病が心配な年齢で、運動不足、偏った食生活、そして少し肥満気味という人なら、治療が必要なレベルまでコレステロール値が高いわけではなくても、正常値よりも高いことも少なくありません。その場合には、自分自身で生活習慣や食生活を見直すことが必要となります。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールとがあり、健康診断では、それぞれのコレステロール値を測定することも可能です。善玉コレステロールが多すぎることはほとんどありませんが、善玉コレステロールが基準値の45mg/dlよりも少なすぎる場合には、処方箋などによって治療が必要なこともあるようです。一方、悪玉コレステロールの正常値は70〜120mg/dlですが、このラインよりも多い場合には、高コレステロール血症として治療が必要となります。

どのタイプの血液検査によって、どのタイプのコレステロールをチェックするのかは健康診断のタイプによっても異なります。一般的には、総コレステロールがまず最初に測定され、異常があるとみなされた場合には原因を追究するために善玉コレステロールと悪玉コレステロールそれぞれの値が測定されるようです。

健康診断は毎年きちんと受けて、早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ