コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げる食事について

健康診断で「コレステロールが高めなので、食生活に気を付けてください」と言われたら、どんな食生活を心がければよいのでしょうか?

コレステロールが高い人の多くは、一日に摂取しているカロリーも多すぎることが多かったり、脂質だけではなく糖質も多く取ることによって糖尿病になりやすかったりすることもあるようです。そのため、どんな食材が良いのかを考える前に、食べ過ぎに注意をして、食事の量をコントロールしてみるとよいでしょう。

人間の体が一日に必要としているエネルギー量、つまりカロリー量は意外なほど少ないものです。必要以上に食べてしまうと、体内で積極的にコレステロールが生成されてしまうことになります。食事の量に気を付けるだけで、体内で生成されるコレステロールの量をコントロールできますから、それがコレステロールを下げることにもつながります。

次に、食事の内容をチェックしてみましょう。コレステロールを多く含んでいる食材は、一般的に動物性の脂質がたっぷりと含まれている食材。肉の脂身、ベーコン、バター、コンビーフ、チーズ、生クリーム、チョコレートなどは、コレステロールを下げたい人にとってはNGです。

逆に、コレステロールを下げる食材を選ぶなら、野菜や魚などを駆使して、できるだけ油を使わずに調理できるような調理法を工夫するのがおすすめです。油を使う場合には、植物性の油でもあるオリーブ油やごま油など、コレステロールを下げる作用のあるオイルを選ぶようにしましょう。

食べる量も減り、食べる食材もがらりと変わってしまうことが多い「コレステロールを下げるための食事」。食べても食べた気がしなかったり、食べた直後でも物足りない感じになってしまう人も少なくありません。そんなストレスを解消するためには、一日3食しっかりと規則正しく食事をする生活習慣をつけることが必要。また、早食いを避けて、しつこいぐらいに良く噛んで食べることが、消化を良くして、満腹感を得ることにもつながります。

また、お腹がすいても間食や夜食などはNGです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ