LDLコレステロールとは

LDLコレステロールについて

コレステロールと一口に言っても、そこには善玉コレステロールもあれば、悪玉コレステロールもあります。この二つはコレステロールの善玉菌と悪玉菌の違いのようなもの。脂質成分でもあるコレステロールは、人間が生命活動を行う上でなくてはならない必要な成分ですが、善玉コレステロールが少なくなってしまったり、悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと、動脈硬化などコレステロールが原因の疾患にかかりやすくなってしまいます。

LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールのことです。健康診断などで「コレステロールが少し多いようですね」と言われるのは、このLDLコレステロールが多いですねということです。LDLコレステロールの値は、血液検査を行えばすぐに測定することができます。

LDLコレステロールの値がどのぐらいだと、コレステロールが高いという扱いになるのか、気になりますよね。具体的には、 LDLコレステロール=総コレステロール値+善玉コレステロール値ー(中性脂肪値+5) という計算式によって自分自身で計算することも可能です。健康診断などでは、こうした計算はすべて医療関係者がしてくれるので、自分自身でこれを暗記する必要は少ないと思いますが。

具体的には、LDLコレステロールの値が140mg/dlを超えると、高コレステロール血症という病名が診断され、薬を処方されたり、通勤しながらの治療が勧められたり、治療に向けて何らかのアクションが取られます。LDLコレステロール値がこの数字を超えない場合には、生活指導や食事指導などを受けて、コレステロールが高くならないような食生活や生活習慣を身に着けるように、自分自身で気を付けることになります。

LDLコレステロール値が高くなると、血液中に悪玉コレステロールが増えてしまいます。コレステロールはもともと脂質ですから、血液中に脂質が増えて、血液がベッタリ&ドロドロになってしまいます。ちょうど水道管の中にヘドロがこびりついてしまい、水流が弱くなってしまうのと同じメカニズムですね。ヘドロ状の血液になってしまうと、全身のいたるところで血管にヘドロがついて血管の幅が狭くなり、そこを勢いよく通り抜けようとする血液によって、血管が破れてしまうリスクが起きてしまうわけです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ