LDLコレステロールが高い原因

LDLコレステロールが高い原因とは

コレステロールという脂質は、健康な人でも動物でも、誰でも必ず体内に追っている成分です。しかし、コレステロールの中でもLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えてしまうと、血管が詰まりやすくなってしまうため、動脈硬化などを起こしやすくなってしまいます。健康診断では、こうしたリスクを未然に防ぐために血液検査を行って、血液中のコレステロールの値などを調べることができます。

LDLコレステロールが高くなる原因には、いろいろな要因があります。

・生活習慣
睡眠不足や慢性的な疲れが蓄積されると、体の新陳代謝が正常に行われなかったり、皮脂分泌が過剰になってしまうために体全体が酸性になってしまいます。また、代謝機能や消化機能は、毎日睡眠をとることによってリセットされるわけですが、睡眠不足が続くと、睡眠中に行われるはずの新陳代謝が行われません。そうすると、消化されるはずの食べ物も消化不十分のまま体内に脂質として蓄積されてしまうことになります。それが、血液中の脂質量の増加、つまりコレステロールを増やしてしまうわけです。

・食生活
LDLコレステロールは脂質。普段の食生活の中で、脂質が多い食事が多い人はLDLコレステロール、血液中のも増えやすい状態にあるといっても過言ではありません。LDLコレステロールを高くしてしまう食材にもいろいろなものがありますが、動物性脂質を含んでいる食材はコレステロールにとっては赤信号です。肉の脂身、オイル、バター、ラード、ベーコン、卵、チョコレート、チップス類のお菓子など、普段から日常的に食べている食材も少なくありませんよね。LDLコレステロール値を下げるためには、こうした食品を徹底的に排除することが必要になります。

・ストレス
ストレスは万病の元と言いますが、ストレスが蓄積されることによって血液中のコレステロール値もアップしてしまいます。これは、ストレスを感じると活性酸素が大量に体内で発生し、体を酸化してしまうためです。ストレス解消する工夫をしたりリラックスするだけでも、ストレスを減らすことができますし、それがLDLコレステロールを減らすことにもつながります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ