LDLコレステロールが低い原因

LDLコレステロールが低い原因について

コレステロールにも善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、善玉コレステロールが多いのが良し、そして悪玉コレステロールが少ないのが良しとされています。しかし、悪玉であるはずのLDLコレステロールは、100%マイナスの作用しかしていないというわけでもありません。毎日の食事で 脂質を過剰にとりすぎてしまう人が圧倒的に多いため、LDLコレステロール=悪というステレオタイプのイメージがありますが、LDLコレステロールの値が正常値よりも少なすぎても、それはそれで問題となります。

LDLコレステロールは、ビタミンDを生成する時に材料として使われたり、細胞膜や血管、神経管などの周囲でクッション的な役割をしています。コレステロールが体内で少なすぎると、わずかなショックで細胞が傷ついてしまったり、血管や神経が傷つけられてしまうわけです。

LDLコレステロールの値が低い場合、いくつかの原因があります。その中でも、ベジタリアンなど動物性の食事をとらない人におこりやすい「低コレステロール」は、食生活と大きな関係があるようですね。肉の脂身、油、バターやマーガリン、卵、チョコレートやチップスなどのお菓子、、ベーコンなどに含まれているコレステロールは、食生活でこうした食材を食べれば、問題なく正常な値に戻すことができます。しかし、ベジタリアンなどの場合には、こうした食材を食べることができませんから、別の方法で対応しなければいけませんよね。

その場合には、フラックスオイルやコラーゲン、オリーブオイルなどを毎日サプリメント感覚で摂取するのが良いようです。卵を食べれる人なら、卵を毎日食べるのも良いでしょう。

体内のLDLコレステロールは、ホルモン分泌が行われる胆嚢を作っている原料でもあります。そのため、LDLコレステロールが少ないとホルモン分泌も正常に行われにくくなり、それがエイジングを速めてしまうことにもつながります。さらには突然死などを引き起こしてしまうこともあるのだとか。

LDLコレステロールは高すぎてもいけないし、低すぎるのもいけないのですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [コレステロール対策館]について

コレステロールの正常値や原因等の基礎知識をはじめとして、下げる食事やレシピの紹介にLDLコレステロール高い原因や低い原因や、卵やイカほかコレステロールと食品についての関係等など幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトとなっています♪ コレステロールに悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすく掲載しております♪
フィットネスジャパンHealthcare [コレステロール対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ