中性脂肪を減らすための薬

中性脂肪を減らすための薬について

体内の中性脂肪は、食べ物によって摂取され、体内にどんどん蓄積されていきます。体内の中性脂肪を燃焼するためには、食生活で過剰な中性脂肪を摂取しないように気を付けながら運動によって既に蓄積されている中性脂肪を燃焼するしか方法がないわけですが、中性脂肪の量があまり増えすぎてしまうと、有酸素運動をしてもなかなかスピーディに効果を実感できなくなってしまいます。中性脂肪が増えすぎてしまうと肝臓系の病気にかかりやすくなってしまいますし、動脈硬化の原因にもなりかねません。場合によっては、こうした運動療法に加えて、薬を使った治療が必要になることもあるようです。

中性脂肪を減らすための薬には、ニコチン酸誘導体やフィブラート系の薬品、イコサペント酸などが代表的なものです。このうち、ニコチン酸誘導体は、食べ物によって摂取された脂肪が、体内で中性脂肪となってしまうのを防いで体外に排出する働きがあります。定期的に運動しているのになかなか中性脂肪が減らない人なら、この方法が良いモチベーションになるかもしれませんね。また、フィブラート系の薬品は、体内で中性脂肪が作られないように作用し、血小板の働きを抑える作用があるイコサペント酸は、体内で中性脂肪が凝固するのを防ぐ働きがあります。

それでは、どんな場合に薬物治療が選択されるのでしょうか?通常の場合には、中性脂肪が多いと診断されても、食事療法や運動療法で脂肪の量を減らすように指導されます。しかし、空腹時の採血検査で中性脂肪の値が高すぎる場合には、高トリグリセライド血症という血液系の疾患になってしまうため、その治療のために薬物治療が選択されることもあるようですね。ただし、その場合でも軽度の場合には食事療法と運動療法の指導を受けるので、薬物だけで体内の中性脂肪がなくなってくれるというわけではありません。注意しましょう。

中性脂肪は普段の食生活の中で少しずつ摂取しているので、燃焼する場合にも普段の生活の中で効率的に少しずつ燃焼していく方法がベストです。運動療法と食事療法は普段から気を付けたいですね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リビタ ミドルケア 粉末スティック 4g×30包 」は、中性脂肪を低下させるモノグルコシルヘスペリジン配合のスティックタイプの飲料です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方に適しています。消費者庁許可の特定保健用食品で、中性脂肪が高めの方へおススメですよ♪

このページのトップへ