中性脂肪を減らす食事レシピ

中性脂肪を減らすための食事レシピについて

普段の生活の中で少しずつ蓄積されてしまう中性脂肪は、食事内容を見直して改善することによって摂取量を大幅に減らすことができます。摂取量が減るだけでも体内の中性脂肪にとってはプラスの影響がありますから、中性脂肪が気になる年齢になったら、中性脂肪の心配がない人でも食事内容には気を遣ったほうが良いでしょう。

中性脂肪には、粒子の大きな中性脂肪と、粒子の小さな中性脂肪があります。このうち、粒子の小さな中性脂肪は肝臓で生成されていて、特に健康には大きな影響を及ぼすわけではありません。しかし、粒子の大きな中性脂肪は食生活によって体内に摂取して蓄積されたもので、食事療法によって減らすのは、この粒子が大きな中性脂肪ということになります。

中性脂肪を減らせる食事は、中性脂肪を作る食材はできるだけ使わずに、中性脂肪を分解する作用を持つ食材を積極的に使うのがおすすめ。毎日同じ食事をする必要はありませんし、多くの人が中性脂肪で悩んでいる昨今では、中性脂肪の食事療法でも楽しみながら食事ができるレシピ本などもたくさん販売されているので、ぜひ参考にすると良いでしょう。

中性脂肪を減らす食事は、魚中心の和食にするのがおすすめです。魚では、背中が青い魚、サンマやイワシ、サバのような青魚を皮ごと食べるようにしましょう。青魚の皮には、DHAやEPAなど、体内で中性脂肪を分解すると同時に丈夫な血管を作ってくれる成分がたっぷり入っているので、積極的に食べたいですね。ちなみに、青魚はできれば頭の部分まで食べたほうが良いみたいです。

肉も良いのですが、脂身はきちんとした処理することが大切。調理する時にもできるだけ油は使わずに、肉から出てくる脂を利用して調理するようにしましょう。その他にも、納豆や味噌、酢をふんだんに使った酢の物などは、体内の中性脂肪を分解する働きがあるので、ぜひおすすめですよ。

ヘルシーで美味しいフルーツは、糖質が豊富なので中性脂肪をへらすためには控えたほうが良いのですが、どうしても食べたい場合には、リンゴがおすすめです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リビタ ミドルケア 粉末スティック 4g×30包 」は、中性脂肪を低下させるモノグルコシルヘスペリジン配合のスティックタイプの飲料です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方に適しています。消費者庁許可の特定保健用食品で、中性脂肪が高めの方へおススメですよ♪

このページのトップへ