中性脂肪と総コレステロール

中性脂肪と総コレステロールについて

中性脂肪とコレステロールは、どちらも生活習慣病を引き起こす原因となるだけでなく、血液中に脂質がどっさりとたまりやすくなるため、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などを起こしやすくなるというリスクも持っています。

血液中に含まれている脂質には、中性脂肪やコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸という4種類が存在しています。このうち、健康被害を引き起こしてしまうので気を付けなければいけないのは、中性脂肪とコレステロールです。血液中に含まれている脂質なので、健康診断で血液検査を行うと中性脂肪値もコレステロール値もわかりますが、コレステロールの場合には善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、悪玉コレステロールの値がそれほど高くなくても善玉コレステロールの値が正常よりも低すぎてしまうと、健康被害を引き起こしてしまうことになります。

血液中のコレステロール値を検査する場合には、善玉コレステロール値、悪玉コレステロール値、そして総コレステロール値の3種類が検査されるのが一般的。そして、それぞれの値が詳しく分析されて、どんな疾病を引き起こしやすいのか、または既に引き起こしている可能性があるのか、もしくは、将来どんな健康リスクが起こりやすいのかが診断されてます。最近では、血液検査によって総コレステロールの値を調べるよりは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの値をきちんと調べたほうが確実で正確な診断ができるということが分かっています。その為、健康診断で総コレステロール値は測定されないこともあるようですね。

中性脂肪とコレステロールの関係によって、どんな疾病にかかっているのかを予測することもできます。中性脂肪とコレステロール値がともに高い場合には、血液がかなりドロドロしている可能性が大。糖尿病や高尿酸血症、肥満などによってそうした疾病が引き起こされているかのせいも高いですし、動脈硬化や心筋梗塞を起こしやすくなっています。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リビタ ミドルケア 粉末スティック 4g×30包 」は、中性脂肪を低下させるモノグルコシルヘスペリジン配合のスティックタイプの飲料です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方に適しています。消費者庁許可の特定保健用食品で、中性脂肪が高めの方へおススメですよ♪

このページのトップへ