中性脂肪が低くコレステロールが高い場合

中性脂肪が低くコレステロールが高い場合について

健康診断で血液検査をすれば、血液中の中性脂肪やコレステロールの値を測定することができます。中性脂肪とコレステロールは、一方が高ければもう一方も高くなるというわけではなく、どちらも高いこともあれば、どちらが一方のみが高いということもあります。中性脂肪が正常値でコレステロールが高いという場合には、動脈硬化のリスクが疑われます。

中性脂肪が正常値ということは、もしかしたら、その人は特に肥満が気になる体系ではないかもしれません。しかし、ジューシーな肉が大好きだったり、オイリーな食生活を送っていることも多いのではないでしょうか。肥満体型でなくてもコレステロール値が高くなってしまうことはもちろんありますし、コレステロールの値が高いことで健康リスクも高くなるので気を付けなければいけません。

中性脂肪が低くてコレステロールが高い場合には、食事療法で体内に摂取するコレステロールの良をコントロールすることが大切です。コレステロールを多く含んでいる食品は、動物性の食品。肉やバターなどは誰でもすぐに想像できますが、動物性の食品の中でもヘルシーだと言われている「卵」なども、実はコレステロールが多いので気を付けなければいけません。どんな食べ物を避けたほうが良いかというと、鳥の卵だけではなく魚の卵もNGで、イクラやスジコも控えたほうが良いでしょう。また、レバーやハツ、ホルモンなどの内臓部分にもコレステロールがたっぷり含まれているので避けましょう。

それでは、何を食べればよいのでしょうか?食べ物によって摂取されたコレステロールは、腸の壁から血液に吸収されて全身に運ばれます。腸の中でコレステロールが血液に吸収されるのを防ぐ働きをしてくれるのが、食物繊維の働き。海藻類、豆類、こんにゃく、根菜など、食物繊維が豊富な食品を積極的に食べれば、腸の中でコレステロールが食物繊維にからめとられ、血液中に吸収されずに便として排出されることになります。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リビタ ミドルケア 粉末スティック 4g×30包 」は、中性脂肪を低下させるモノグルコシルヘスペリジン配合のスティックタイプの飲料です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方に適しています。消費者庁許可の特定保健用食品で、中性脂肪が高めの方へおススメですよ♪

このページのトップへ