閉経後の中性脂肪

閉経後の中性脂肪について

女性なら誰でも通る更年期。平均年齢50歳と言われている閉経の前後には、ホルモンバランスが崩れてしまうために更年期障害が起こりやすくなりますが、その期間には女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまうために血液中に脂質が蓄積されやすくなってしまいます。女性ホルモンに含まれているエストロゲンという成分には、血液中の脂質を分解する働きがありますが、閉経によって血液中の脂質を分解してくれるエストロゲンが急減してしまうために、それまで分解されていた脂質がそのまま血液中に残りやすくなってしまうというわけなのです。

生理がまだ続いている女性なら、エストロゲンは正常に分泌されていることが考えられるので、血液中の脂質が分解されやすく、中性脂肪は蓄積されにくいものです。しかし、生理があるのに中性脂肪の値がすでに高い人の場合には、体内のエストロゲンが不足してしまう更年期以降には、かなりの確率で中性脂肪が蓄積されて、高脂血症や動脈硬化を起こる可能性があるので、注意しなければいけません。

エストロゲンがもともと少ない男性の場合には、若いころから食生活や生活習慣によって中性脂肪が付きやすいという特徴がありますが、女性の場合には、閉経を迎えた直後から中性脂肪の値が急上昇し、60代に入ると男性の中性脂肪値よりも高くなってしまうことが多いようです。

閉経を迎えた後の女性の中性脂肪が正常値よりも高い場合には、高脂血症の治療が行われます。更年期障害が出ている場合には、ホルモン療法などによって女性ホルモンを補充することによって、血液中の脂質が分解されるため、更年期障害の症状を抑えるとともに、高脂血症の症状を抑えることにもつながります。まさに一石二鳥と言えますね。ホルモン療法にもいろいろな薬品が使われますが、高脂血症と更年期障害の両方に効果的なホルモン療法は、自宅で飲みやすい内服薬が使われることが多いようです。

ちなみに、更年期障害が出ていない場合には、高脂血症の治療が選択されることが多いようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リビタ ミドルケア 粉末スティック 4g×30包 」は、中性脂肪を低下させるモノグルコシルヘスペリジン配合のスティックタイプの飲料です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方に適しています。消費者庁許可の特定保健用食品で、中性脂肪が高めの方へおススメですよ♪

このページのトップへ