中性脂肪が高い原因:女性

女性の中性脂肪が高い原因について

中性脂肪がつきやすいのは男性で、女性が付きやすいのは皮下脂肪、なんて聞いたことがあると思います。確かに、女性の場合には腹筋部分の筋力が男性と比べると弱いために、皮下脂肪が付きやすくなってしまいますが、女性だから中性脂肪がつかないなんてことはありません。中性脂肪が付きやすくなる年齢というのは男性と女性で少し異なっていて、男性の場合には30代後半あたりから、女性の場合にはアラフォーに突入する40代前半あたりから中性脂肪が付きやすくなると言われています。

中性脂肪は食べ物から摂取した動物性脂肪や糖質などが体内で脂肪として蓄積されてしまうもので、女性の場合にはどのような原因が多いのでしょうか?

例えば糖質の摂取。女性は男性よりも甘いものが大好きで、スイーツ系を摂取する頻度も量も多いものです。糖質は体内に入ると中性脂肪の原因となってしまうため、スイーツが大好きな人にとっては、中性脂肪のリスクは高いと言えるでしょう。スイーツでなくても、砂糖をたっぷり使っている食品は、中性脂肪の原因となってしまうので避けたほうが良いでしょう。

砂糖を使っているというわけではなくても、甘い食品にも中性脂肪の危険が潜んでいます。例えば、フルーツ。フルーツはビタミン成分やミネラル成分が豊富でヘルシーな食品としても知られていますし、女性でもフルーツが大好きな人は多いですよね。フルーツには糖質がたっぷり含まれているため、フルーツが好きな女性も中性脂肪がたまりやすくなってしまいます。

また、炭水化物も要注意。外食が多い人は男性でも女性でも、炭水化物の過剰摂取によって中性脂肪が付きやすくなってします。例えば、ご飯類、麺類、パン類、イモ類など、主食になりそうな食材や食品はすべて、中性脂肪を招きやすい食品。中性脂肪に注意しなければいけない年齢になったら、こうした食品も気を付けて量をセーブしたほうが良いかもしれませんね。食べる量だけではなく、何を食べるかにも気を付けましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リビタ ミドルケア 粉末スティック 4g×30包 」は、中性脂肪を低下させるモノグルコシルヘスペリジン配合のスティックタイプの飲料です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方に適しています。消費者庁許可の特定保健用食品で、中性脂肪が高めの方へおススメですよ♪

このページのトップへ