大腸がんとは

大腸がんについて

人間の体の中でも大腸は、胃や小腸などの消化器官とつながっている内臓器官で、口から摂取された食べ物が最終的に体の外に便として排出されるための準備を行う機関です。大腸は長いチューブのようになっていて、食べ物は大腸の中を転がりながら少しずつ水分が吸収され、便という状態に変化していきます。長さが2メートル近くある大腸の中をゆっくりと食べ物が消化されて水分を失いながら先へ進んでいくわけですが、大腸の中には食べ物だけではなく悪玉菌などの毒素や老廃物もたまりやすいため、ガンが起こりやすい場所でもあります。

大腸がんは、大腸の中ならどこにでも起きる可能性があります。長さ2メートルある大腸の中でも、小腸に近い「結腸」、クネクネとカーブしておらずにまっすぐになっている「直腸」、そして体外へ排出する部分となる「肛門」のあらゆるところに発生する可能性があります。生活習慣や食生活によって、どの部分にがんができやすいのかは国や文化によっても異なっていて、日本人の場合には小腸に近い結腸部分や直腸部分にがん細胞が発生しやすいと言われています。

ガンはどの部位にできる場合でも、まずがん細胞が発生し、そこから周辺細胞を侵食しながらガンを広げていきます。大腸がんの場合には、大腸の粘膜部分にある細胞からガン細胞が生まれるケースが多く、ほとんどの場合には良性。しかし、慢性的な便秘などによってがん細胞が発生している部分がドンヨリとよどんで環境が悪化してしまうと、がん細胞は腸壁よりも奥に少しずつ侵入し、肝臓など別の内臓器官へ転移したり、リンパ節に入り込んで全身へ転移することも少なくありません。

大腸がんの場合には、大腸自体の長さが2メートル近くあるため、早期発見できれば手術によって患部を切除して完全に治療することも可能です。別の内臓器官へ転移してしまうと生存率もグンと低くなってしまうため、定期的な健康診断でガンを見つけ、早期発見・早期治療を行うのが望ましいものです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ