大腸がん検診で陽性が出た場合

大腸がん検診で陽性が出た場合について

大腸がんの検査を行う場合には、まず最初に便潜血検査と呼ばれる検査を行うのが一般的です。この検査では、便を2日続けて採取し、そこに含まれているヘモグロビンの値を調べるのですが、ヘモグロビンと言えば、そう、血液ですよね。便潜血検査では、便の中に大腸がんが原因の出血があるかどうかをまず検査することになります。

大腸がんが起きると、腸壁の粘膜にがん細胞が発生し、そこから出血することが多いもの。トイレで排泄するたびに、便の様子を毎回きちんと確認している人なら、出血があれば気づくこともあるかもしれません。

また、トイレットペーパーに血液が付着すれば、そこで「出血しているな」と気づくこともありますよね。しかし、トイレの水を流しながら排泄する人も多く、便の様子をチェックする人はそれほど多くありませんし、最近ではウォッシュレットが広く普及しているので、トイレットペーパーでお尻を拭く前にウォシュレットで血液などもすべて洗い流してしまうというケースが増えています。そのため、出血していても気が付かないことが多いようです。

大腸がん検査のために最初に行う便潜血検査では、便に含まれている血液を調べることで、大腸からの出血があるかどうかを調べることになります。2回分の便を検査して、両方確実に陽性になれば、大腸に何らかの異常が起きている可能性が高いので、内視鏡検査を行ったほうが良いでしょう。1回目と2回目とで陽性と陰性のように結果が異なる場合でも、万が一ということが考えられるので、内視鏡検査を行うことをお勧めします。

ただし、便潜血検査で陽性判定が出るのは、必ずしも大腸がんばかりではありません。便に血液が混じってしまうケースは大腸がん以外にもたくさんあり、女性の場合なら生理の経血によって陽性判定が出ることも多いですし、痔を持っている人なら、痔による出血で陽性判定となることもあります。また、大腸がんではなくポリープからの出血で陽性判定が出ることもあるので、必ずしも大腸がんというわけではありません。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ