大腸がんの症状

大腸がんの症状について

日本国内においては、女性がかかりやすいガンの中では第1位、男性がかかりやすいガンでは第2位となっている大腸がん。日本人の食生活が欧米化するに伴って、大腸がんにかかる人の数も急増しています。もともと大腸は食事として摂取された食べ物が最終的に体内に吸収される場所で、大腸の中では食べ物の水分が吸収されながら便が作られていきます。

そのため、腸の蠕動運動によって常に動いている場所なので、大腸がんのような疾病を抱えていなくても、お腹が痛くなったり、便秘気味になってお腹が張ったりすることもあります。普段からそうした症状が起きやすい場所なので、なかなか大腸がんの自覚症状にも気づきにくいことが多いようですね。

大腸がんの症状は、便をチェックすると「もしかしたら・・」と気が付くこともあります。例えば、便に血液が混じったり、下血したりすれば、大腸がんの疑いアリ。便に交じる血液は、大腸がんの中でも小腸に近い部分にがん細胞が発生している場合には黒っぽくなり、肛門に近い部分に発生している場合には鮮血が混じることも多いようです。

腹痛という症状もあります。大腸は全長2メートル程度あり、ガンが発生する場所によって結腸ガン、直腸ガン、肛門ガンに分類することができますが、このうち、小腸に近い結腸の部分にがんが発生すると、左下のお腹が痛くなります。右下ではなく左下というのが特徴。慢性的に左のお腹が痛くなる場合には、もしかしたら大腸がんの疑いもあるかもしれませんね。また、大腸がんにかかると、その部分の腸が閉塞しやすくなるため、便が通れなくなって腹痛を伴うことも多いようです。しこりができたり、痛かったりする場合には、専門家に診せたほうが良いでしょう。

下痢と便秘を交互に繰り返すのも、大腸がんの疑いがあります。排便時の異常が続く場合にも、大腸がんの可能性があるので専門家を受診して、一度きちんと検査を受けるようにしましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ