大腸がんで痩せる理由

大腸がんで痩せる理由について

大腸がんに関わらず、ガンという疾病にかかると3分の2以上の患者さんは「痩せる」という症状を経験します。その中でも大腸がんの場合には、患者さんの半数ぐらいは痩せると言われていますが、なぜ大腸がんにかかると、あまり関係なさそうな体重に影響があるのでしょうか?

大腸がんにかかった患者さんが痩せるのには、大きく分けると2つの理由があります。まず一つ目は、食欲。大腸がんにかかると体調が良くなくなるので、食欲がなくなってしまいます。特に大腸がんの場合には、食べ物を消化する機能の一つである大腸の機能がおかしくなってしまうため、食事をすると大腸に便が詰まってしまって腹痛が起きるという症状が繰り返し起こってしまうことも少なくありません。そうすると、私たちの体は「食べるとお腹が痛くなるから、食べたくない」という信号が送られて、食欲がなくなってしまうのです。

食欲は、精神状態とも大きな関係があります。大腸がんは早期発見できれば早期治療をして完治できる可能性もかなり高い種類のガンです。しかし、やはり大腸がんだと告知をされると、患者さんは精神的にショックを受けますし、鬱の状態に陥ってしまいます。人間誰でも、鬱になると食欲がなくなってしまいますよね。精神的な理由で、食欲がなくなり、痩せるという症状が起きるケースも少なくありません。

もう一つの理由は、大腸がんの治療過程における副作用。大腸がんの場合には、ほかの臓器への天気がない場合には、手術をして患部を切除してしまう治療法が一般的ですが、ほかの臓器への転移が認められた場合には、手術ではなく化学療法や抗がん剤、放射線治療などが行われることになります。そうすると、その副作用によって体が食事を受け付けなくなってしまったり、食事をしても体内に栄養成分が吸収されずに痩せるという症状が起きることもあるようです。場合によっては、食べているのに飢餓状態に陥ってしまうという人もいるようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ