大腸がんと糖尿病

大腸がんと糖尿病について

大腸がんとは、大腸にがんが発生してしまうという疾患。そして糖尿病とは、血液中の糖質が増えすぎることによって、血糖値が高くなってしまうという疾患。大腸がんは大腸で起きる疾患ですし、糖尿病は血液で起きる疾患なので、この二つにはあまり大きな関係はないのかなという気もしますよね。しかし、実は糖尿病と大腸がんには、大きな関係があります。

糖尿病は生活習慣病の一つで、脂質や糖質が多い食生活をしているとかかりやすいと言われています。糖尿病が大腸がんを引き起こすのではなく、糖尿病にかかりやすい食生活や生活習慣をしていると、大腸がんにもかかりやすくなってしまうと考えたほうが良いかもしれませんね。

糖尿病にかかりやすい食生活というのは、脂質や糖質が多い食生活なのですが、美味しいスイーツや間食、脂身の多い洋食系、外食が多い人にとっては、糖尿病のリスクが高いと言われています。そして、こうした食生活をしていると、腸の動きを活性化してくれる善玉菌の要素が少なく、便秘を引き起こす悪玉菌の要素が多いため、大腸がんにもかかりやすくなってしまうようです。

実際に、糖尿病を患っている人は、そうでない人と比べて大腸がんにかかるリスクが1.3倍高いと言われています。食生活が欧米化している昨今では、糖尿病を発症していなくても大腸がんにかかってしまう人も急増していますし、糖尿病と大腸がん、どちらも発症している人も少なくありません。糖尿病にかかりやすい人は大腸がんにもかかりやすいので、どちらが先に発症するかは分かりませんが、どちらにもかかってしまうリスクは高いと言えるでしょう。

大腸がんと糖尿病、どちらか一方を予防することは、もう一方も予防することにつながります。そのために必要なのは、やはり健康的な食生活と規則正しい生活習慣。健康的な食生活というのは、脂質や糖質がタップリのボリュームある食生活ではなく、あっさり系の和食に代表されるような、ビタミンやミネラル成分がタップリの食生活を心がけるということ。満腹になるまで食事をする必要はありませんし、食事のたびに肉を食べなければいけないということもありません。一回当たりの食事で摂取するカロリーを減らしながら、食事の内容にも気を付けると、糖尿病と大腸がんのリスクが少しずつ減ってくるはずです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ