大腸がんの初期症状

大腸がんの初期症状について

大腸という場所は、常に蠕動運動をしていて、小腸から送られてきた食べ物から水分を吸収しながら、2メートルある大腸の中を少しずつ先に食べ物を贈るという働きをしています。常に動いている場所なので、ガンの症状をなかなか自覚しにくい場所でもあります。ガンでなくてもお腹が痛くなったり、便秘になったり、下痢になったりすることも多いですよね。

お腹が痛いからと言って必ずガンというわけではありませんし、便秘がちだからガンかもしれないということもありません。大腸がんにかかると、大腸のどの場所でがん細胞が発生しているにかかわらず、血便や下血など、血液が下から出てくるという症状が起きるケースが多いようです。もちろん、頑固な便秘で力んだり、ストレスなどによって腸内で炎症を起こしていても血便を起こすことはありますから、血便=ガン、というわけでもありません。

大腸がんの初期症状には、血便や下血の他にもいろいろな症状があります。例えば、訳もなくお腹が張ってしまったり、排便しても残っているような残便感、太くて大きく健康的な便が出ず、細い便しか出ないという場合、下痢と便秘を繰り返すばかりで、健康的な便が出ない場合などにも、もしかしたら大腸がんかもしれません。また、食べているはずなのに原因が良く分からない減量などを不審に感じることが、大腸がんの発見につながるケースもあるようです。

いろいろな種類がある大腸がんの初期症状。よく見られる初期症状は血便です。仮に血便がずっと続くような場合には、万が一のことも考えて専門家を受診してみてください。血便の場合には、消化器科、肛門科、胃腸科などの診療科目が該当します。血液検査を行えば、大腸がんにかかっているかどうかを知ることができます。検査によってがんが分かったら、その後には精密検査で具体的にどの部分にがん細胞があって、どんな治療法があるのかを検討することになりますが、早期発見できれば完治しやすい部位のガンなので、不安を抱えたまま生活をするのではなく、体調不良はすぐに医師に診せて、早期発見しやすい環境を整えておくことが大切です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ