大腸ガンと腸閉塞

大腸ガンと腸閉塞について

大腸は、人間の体内では全長2メートル近くもある長い消化器官で、食事として摂取した食べ物が、最終的に体内に吸収されると同時に、体内で不要なモノが便として排出される準備を行う器官です。全長2メートルの腸の中を、食べ物が少しずつ消化吸収されながら肛門へ向かって進んでいくわけですが、食べ物が自動的に先に進めるというわけではなく、食べ物を腸の中の先の部分へ進めるためには、腸の蠕動運動が必要となります。大腸がんにかかると、蠕動運動が正常に行われないために、腸内の食べ物が詰まりやすくなってしまうため、慢性的な便秘に陥りやすくなることが多いようです。

大腸がんは、大腸の腸壁部分の粘膜に発生することが多いと言われています。そして、腸壁の粘膜部分に発生したガン細胞によって、その部分の腸が細く狭くなってしまうこともあります。食べ物の通り道が正常な状態よりも部分的に細く狭くなってしまえば、その部分の大腸が詰まりやすくなってしまいますよね。これが、腸閉塞と呼ばれる症状です。大腸がんにかかると必ず腸閉塞になるというわけではありませんが、腸閉塞になってしまうとお腹が膨れ上がってパンパンになりますし、肛門から排便できないために、場合によっては腸の中で作られた便が肛門から排出できずに消化器官を逆流し、口から出てきてしまうというケースもあるのだそうです。

大腸がんで腸閉塞にかかると、食事ができなくなってしまいます。そのため、大腸がんにかかった場合には、とにかく腸閉塞を起こさずに、自然な排便ができるような予防策が徹底されます。大腸がんが起きると通常の食事ができなくなってしまうので、【食べる楽しみ】がなくなってしまいますよね。しかし、食事をしないからと言って腸閉塞がなくなるわけではなく、食事をしなくても庁は詰まっているので痛みを感じることになります。とにかく辛い腸閉塞は、大腸がんにかかる患者さんが「これだけはどうしても避けたい」という合併症と言われています。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ