大腸がんの検診

大腸がんの検診について

日本人にとってはかかりやすい種類のガンともいえる大腸がん。日本人女性にとっては、かかりやすいガンのナンバー1ですし、男性にとってもナンバー2。つまり、ガンにかかる人の多くは、大腸がんにかかっているということになります。しかし、大腸がんはガンの中でも完治しやすいガンで、早期発見できれば手術によって患部を摘出し、完治率が他のガンと比べて高いという特徴があります。血便や下血のような症状が続くことによってがんかもしれないと自覚する人もいますが、なかなか自覚症状を感じにくい部位でもあるので、できるだけ定期的に健康診断を受けることが、早期発見のカギとなります。

大腸がんの検診には、いくつかの方法があります。自治体や職場を通して受診する定期的な健康診断において、免疫法と呼ばれている便潜血検査と呼ばれる検査は、大腸がんのリスクが少ない若い年齢の人におすすめの検診項目となっています。この検査で気になる結果が出た場合には、より確実で精密な検査が必要となるので、内視鏡検査を行うことになります。

内視鏡検査は、通常の場合、肛門から内視鏡を挿入して、1時間程度の時間をかけて大腸の中を検査していきますが、大腸の長さが2メートルありますし、ガン細胞が発生しやすい腸壁を検査前にきれいにする必要があるため、検査を行う数時間前から下剤を飲んだりしながら、かなりキツい準備期間があります。クリニックに足をはこべばその場で検査してもらえるというタイプの件さではなく、完全予約制で行うことになるので、体調が悪かったり、もしかしたら大腸がんかもしれないな・・という場合には、できるだけ早めに予約を入れて受診したほうが良いでしょう。

大腸がんの検査は、人間ドックのような検診でも受けることができます。人間ドックは40歳以降の人なら誰でも受けたほうが良いと言われている検診ですよね。人間ドックにもいろいろな検査項目があり、検査にかかる時間や検査項目も異なります。大腸がんの検診では、内視鏡検査を行うケースもあれば、検査カプセルを飲んで内部を検査するというケースもあるので、詳しい検査内容は、その病院に問い合わせながら検診を選ぶと良いでしょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ