透析患者のフットケア

透析患者のフットケアについて

糖尿病や人工透析を受けている患者さんの中には、足の血行がとても悪く、足で動脈硬化を起こしやすい人も少なくありません。実際に、透析患者の半数近くは、下半身の動脈が正常な状態よりも狭くなっていると言われています。足の動脈が狭くなることによって血行は悪くなりますし、場合によっては末端神経まで血液が行き渡らなくなり、その部分の細胞に栄養成分や酸素などが届かなくなってしまうこともあります。そうすると、その部分の細胞が死んでしまうという最悪の事態を引き起こしてしまうこともあるわけです。

フットケアにも、角質除去やマッサージ、爪の手入れなどいろいろなケアがありますが、透析患者の場合には、下半身の血行を良くすることによって、動脈硬化を起こしにくい足を作るために治療の一環として行わなければいけません。自宅で行うことができるフットケアによって、透析患者でも足のトラブルが改善されたケースはとても多く、現在では透析患者は自宅での治療として、フットケアを促進されているようです。

透析患者におすすめのフットケアをご紹介しましょう。

準備するものは、フットバスとタオルだけ。38度から40度ぐらいのぬるま湯をフットバスに入れ、足首まできっちりつかるぐらいの深さまで入れて、足をそのままつけておきます。この時、温度管理は適当にするのではなく、きちんと水恩恵を使ったりして、水の温度管理に気を付けてください。水温が下がってくると血行も悪くなりますから、水が冷たくなってきたらお湯を継ぎ足したりして、水温は38度〜40度をキープできるようにしましょう。

ぬるま湯に足を付けている時には、フットバスの中にはバブル機能がついていて、足を刺激してくれるものもあります。ぜひ活用しましょう。そうした機能がついていない場合には、ぬるま湯の中で足の指を広げたり曲げたりしながら積極的に動かし、足の血行を良くしましょう。足の指を動かすだけでOKなので、特別に難しい動きをする必要はありません。

15分程度足を温めて血行を浴したら、フットケアは終了です。保湿クリームをしっかり塗って、靴下を履くなどして足を冷やさないようにしてくださいね。

スポンサード リンク

足の悩みを解決、足裏樹液シートの紹介

フットケアでお悩みであれば、足のむくみ/冷え/疲れ対策に今大人気となっている楽天フットケア人気No.1樹液シートがおすすめですよ♪ 足の悩みにより夜グッスリ眠れない方や、朝スッキリしない方のリピーターも多数となっています。足がパンパンなったり等で悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね。
 → 楽天フットケアランキング1位商品 の詳細はこちらです!

このページのトップへ