ドイツ式フットケアとは

ドイツ式フットケアについて

ドイツ式フットケアとは、18世紀のドイツで誕生したフットケア。ヨーロッパで誕生したフットケアというと、それだけでおしゃれな響きがしますが、ドイツ式はどのようなフットケアを行うのかというと、日本のフットケアとそれほど変わらないケアが行われていたようです。日本にはフットケアを行うサロンがたくさんありますが、タコやウオノメ、巻き爪などの治療を行うためのクリニック的なサロンもあれば、リンパマッサージや角質除去など美容目的で運営されているサロンもありますよね。しかし、ドイツ式フットケアサロンでは、医療クリニックと美容サロンがコラボレーションした総合ケアを行うサロンが多いようです。

もともと18世紀のドイツでは社交界が盛んで、貴族たちはファッションのために足に合わないヒールを履くことも多かったようです。そして、ヒールを履いてダンスをする機会が多ければ、当然、足のトラブルも発生しやす環境が作られてしまうわけですね。ドイツ式フットケアには、フスフレーゲ式,ボトローゲ式、ボタイアトリ式、キロポジスト式などたくさんのフットケアスタイルがあります。これらはどれも、マッサージのスタイルが違っていたり、微妙な差はありますが、どれも足にできるマメを治療したり、タコやウオノメの治療、爪のトラブルなどもケアするとともに、足の骨格や筋肉をバランスよく矯正することができるケアとなっていたようです。

足は常に地面と接触している部位なので、どうしても角質は固くなりやすいものです。どんなに角質がかかとに堆積している人でも、靴の中に小さな異物が入れば気が付きますよね?そうです、足は神経が張り巡らされている部位で、角質がどのぐらい厚く堆積しているかどうかは、そうした神経とは全く関係がありません。そのため、日常生活をする際に不都合がないからと言って、ついつい角質ケアを怠りがちになってしまうことも多いのではないでしょうか。ドイツ式フットケアサロンなら、面倒な角質ケアも丁寧にスッキリケアしてくれます。ぜひ足を運んでみてくださいね。

スポンサード リンク

足の悩みを解決、足裏樹液シートの紹介

フットケアでお悩みであれば、足のむくみ/冷え/疲れ対策に今大人気となっている楽天フットケア人気No.1樹液シートがおすすめですよ♪ 足の悩みにより夜グッスリ眠れない方や、朝スッキリしない方のリピーターも多数となっています。足がパンパンなったり等で悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね。
 → 楽天フットケアランキング1位商品 の詳細はこちらです!

このページのトップへ