フットケアと糖尿病

フットケアと糖尿病について

美容目的や審美目的でフットケアをする人も少なくありませんが、糖尿病の場合には、そんな理由ではなく、糖尿病の症状改善や治療の一環としてフットケアを行わなければいけません。糖尿病にかかると手足などの末端神経に血液が行き渡りにくくなり、手足の感覚が鈍くなってくることがあります。そうすると、やけどや切り傷などの痛みにも気づきにくいですし、その部分に血液が流れてこなくなるために、最近が侵入するとあっという間に感染を起こしやすくなってしまうというリスクもあります。

糖尿病にかかった人の中には、足がどす黒く変色したり、死体のような異臭を放ったり、足がえぐれたように損傷したりすることもあります。これらの疾病は糖尿病足病と呼ばれている糖尿病の合併症。糖尿病足病にかかってしまうと、放置しても良いことは何もありません。その為、できるだけそうした症状のサインを早期発見するために、普段の生活の中でフットケアを心がけることが大切です。

糖尿病になってもフットケアを行わずに放置すると、どうなるのでしょうか?足の細胞が感染を起こして腐敗してくると、体の他の部分を守るために最悪の場合には足を切断することになってしまいます。日本人は欧米人と比べると足に動脈硬化を起こしにくいという特徴がありますし、肥満体系が少ないので体重が足にかける不可が少ないということもあるため、この「最悪のシナリオ」が起きる確率は、欧米人と比べると低いと言われています。入浴が大好きな生活習慣によって、体を常に清潔にキープする人が多いというのも理由の一つと言われています。

糖尿病によって併発する足病変には、いろいろなタイプがあります。
■ハンマートウ(足の指が曲がってしまう疾病)
■靴ズレを起こしやすい
■たこができやすい
■外反母趾になりやすい
■水ぶくれになりやすい
■水虫にかかりやすい

糖尿病の人がこうした症状を確認した場合には、足病変の疑いがあります。すぐに医師の診察を受けてフットケアの指導をしてもらいましょう。

スポンサード リンク

足の悩みを解決、足裏樹液シートの紹介

フットケアでお悩みであれば、足のむくみ/冷え/疲れ対策に今大人気となっている楽天フットケア人気No.1樹液シートがおすすめですよ♪ 足の悩みにより夜グッスリ眠れない方や、朝スッキリしない方のリピーターも多数となっています。足がパンパンなったり等で悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね。
 → 楽天フットケアランキング1位商品 の詳細はこちらです!

このページのトップへ