外反母趾とは

外反母趾について

現在ではすっかり一般的になっている足が変形してしまう症状「外反母趾」。幅の狭い靴を履いてばかりいることによって、足の小指や親指が変形してしまうという症状です。外反母趾という症状が注目され始めたばかりの頃には、ハイヒールを良く履いていた小柳ルミ子さんなどのセレブがこの症状で手術をしたりしたため、ハイヒールやパンプスを履いていると外反母趾になりやすいというイメージg定着してしまいましたが、足の幅よりも狭くて窮屈な靴を日常的に履いていると、女性だけではなく、男性や子供でも起きる可能性があります。

外反母趾は、男性よりも女性や子供の方がかかりやすいと言われています。これは、はいている靴のデザインによるところもあるでしょうし、足の筋肉と関係もしています。人間は、通常なら足の裏全体を使って体重を支えていますが、幅が狭い靴を履いていると、足の一部に体重がかかることになりますよね。男性の場合には、それでも筋量があるので骨格が変形するほど影響を受けないことも多いのですが、女性や子供の場合には、筋量が少ないために、体重という重力によって骨格が変形しやすいのだそうです。男性よりも女性の方が外反母趾になりやすいというのは、そういう性別による筋量の違いも大きく関係しているようです。

外反母趾は一般的に親指が足の内側に向かって変形する症状が一般的ですが、場合によっては親指だけではなく小指も変形することがあります。また、外反母趾は生活習慣の中で少しずつ蓄積されて症状が悪化していくという特徴があるため、普段の生活の中で窮屈な靴は履かないように気を付けていれば予防できますし、靴を脱いだ時には、マッサージをして骨格の変形を防ぐケアをすることによって、早期に治療できるケースもあります。ただし、外反母趾の症状に気づかずに放置してしまうと、どんどん悪化してしまい、親指の関節が脱臼したように見えるほど曲がってしまうこともあるので気を付けましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

モーニング娘等をプロデュースしたつんくと、10万人以上の足を診てきたカサハラフットケア院長・笠原先生が、美と健康をサポートする靴下を新開発しました。外反母趾・浮き指の改善に最適♪ 一度履いてみるとやみつきになる脅威のリピート率で今大人気となっています!
※詳細は → つんく♂プロデュースの美と健康をサポートする靴下が新登場!

このページのトップへ