外反母趾の靴パンプスを履く時の注意点

外反母趾の靴パンプスを履く時の注意点について

自分の足の形やサイズに合わない靴を履いていると、毎日の生活の中で少しずつ外反母趾になりやすくなってしまいます。特に、筋力が男性よりも少ない女性の場合には、幅が狭いお洒落な靴を履くことも多いですよね。足に合わない靴なのに、ファッションのために我慢して長時間履いていると、靴の中で無理に変形された足の上に体重がかかってしまうため、骨格自体の変形につながってしまいます。それが、外反母趾。

外反母趾になると、パンプスやヒールはあまりお勧めではないという人も多いのですが、足に合ったものを選べば、外反母趾の治療中でもパンプスなどを楽しむことはできます。ただし、靴の中で足がずれ落ちて指に負担がかかるようなヒールの高すぎる靴はあまりお勧めではありませんし、市販の靴よりも自分の足の形に合わせてカスタムメイドしてもらった靴のほうが、外反母趾の人にとっては安心なのではないでしょうか。

外反母趾の人におすすめのパンプスは、整形外科で外反母趾の治療に通っている人などは、医者から紹介してもらえることも多いようです。また、そうでない場合でも、外反母趾の人のための靴を専門に作っているメーカーなどもありますし、ネットで見つけることもできるので、そうしたショップを利用すると良いでしょう。

外反母趾の人がパンプスを履く場合には、靴を履いた時に「痛い」「キツイ」「苦しい」と感じる部分がない事が大前提。少しでも足の指が当たっていると、その部分が外反母趾を悪化させてしまう原因にもなります。パンプスだと少しヒールがついていますが、かかとの部分に体重が乗るようなデザインの靴なら、外反母趾の人でも指に負担をかけることなく履くことができます。自分の足よりも小さすぎる靴では、履いた瞬間に指が丸まってしまうので外反母趾にとってはNGですし、大きすぎる靴もまたNG。自分の足よりも靴が大きすぎると、体重がパンプルのヒールに対してまっすぐに乗らないため、安定感がなくなってしまいます。

自分自身で靴を選ぶのは大変なので、専門家に相談しながら決めてくださいね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

モーニング娘等をプロデュースしたつんくと、10万人以上の足を診てきたカサハラフットケア院長・笠原先生が、美と健康をサポートする靴下を新開発しました。外反母趾・浮き指の改善に最適♪ 一度履いてみるとやみつきになる脅威のリピート率で今大人気となっています!
※詳細は → つんく♂プロデュースの美と健康をサポートする靴下が新登場!

このページのトップへ