外反母趾のテーピング治療

外反母趾のテーピング治療について

外反母趾は遺伝で発症することもありますが、多くの場合には足に合わない靴を履くことによって後天的に発症します。その為、外反母趾を早期発見して早期に治療を始めれば、病院に行かなければいけないほど悪化してしまうこともありませんし、自宅で簡単に治療することも可能です。

外反母趾の症状が出てきた足を自宅で治療するなら、外反母趾の治療効果が期待できる靴下たサポーター、テーピングなどを利用すると良いでしょう。ただし、靴下やサポーターは、市販されているものをそのまま着用するだけなので、それほど難しいことはないと思います。しかし、テーピングを使った外反母趾の治療は、方法が間違っていると外反母趾の治療効果が期待できないどころか、さらに外反母趾が進行してしまうことも考えられますから、自己流に巻くときには十分に注意したほうが良いですね。

外反母趾でテーピング治療を行う際には、使うテープは、ストレッチ性のあるテープを使ったほうがおすすめです。あまりストレッチしすぎるテープでは、足の内側に傾こうとしている親指を正常な場所に引き戻す効果が少なくなってしまうので良くありませんが、まったく伸縮性のないテープを使ってしまうと、足の指に無理に負荷がかかってしまうため、関節炎が起きやすくなったりします。そうなったのでは治療にさらに時間がかかってしまうので控えたほうが良いでしょう。

テーピングをする際には、足の土踏まずのあたりから指先に向かってテーピングをしていきます。外反母趾は親指の側に起こることが圧倒的に多く、小指の側は何も問題ないというケースも少なくありません。しかし、テーピングをすることによって足の裏全体のバランスを正常な状態に戻すことができるので、親指の側だけでなく小指の側にも同じようにテーピングをして矯正してあげると良いでしょう。 正しいテーピング法が分からない場合には、整形外科を受診して、テーピングの方法を指導してもらうのもおすすめですよ。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

モーニング娘等をプロデュースしたつんくと、10万人以上の足を診てきたカサハラフットケア院長・笠原先生が、美と健康をサポートする靴下を新開発しました。外反母趾・浮き指の改善に最適♪ 一度履いてみるとやみつきになる脅威のリピート率で今大人気となっています!
※詳細は → つんく♂プロデュースの美と健康をサポートする靴下が新登場!

このページのトップへ