痛い外反母趾対策

痛い外反母趾対策について

外反母趾は、遺伝的な原因で起きる難病というケースもあれば、足に合わない靴を履き続けることによって発症する環境的要因の症状でもあります。その中でも、多くの外反母趾は、幅の狭い靴を長時間履く生活習慣がついていたり、その状態で立ち仕事をするなど、足が無理に変形されている状態で、そこに体重をかけることが、外反母趾を進行させる諸悪の根源と言われています。

外反母趾は、ある日突然発症するというわけではありません。靴を履いた時に、親指や小指のあたりが痛いなと感じることはないでしょうか?お洒落なパンプルやハイヒールなどは特に、足の指のあたりが狭くデザインされているものも多いですよね。短時間だけ着用するなら、外反母趾の心配も少ないのですが、そうした「足が痛くなる」靴を履いたままで長時間を過ごす場合には、外反母趾のリスクが高くなってしまいます。

足が痛くなるということは、親指や小指が靴の中で無理に曲げられた状態でそこに体重という重力がかかっているということ。立ち仕事をしていたりすると、足が痛いからと言って靴を脱ぐわけにもいかず、仕事を通して外反母趾が悪化してしまうことも少なくありません。最近では、立ち仕事の人にもお洒落なファッションセンスを求めるケースが多いですし、街を歩く人の靴も、デザイン性を追求するあまりに外反母趾のリスクが高くなってしまうような靴も増えています。そうした靴を履き続けていると、だれでも外反母趾になりやすくなってしまうので気を付けましょう。

足の親指や小指が靴に当たっていたいなと感じたり、親指の関節のあたりに痛みを感じたりしたら、それはもしかして外反母趾のサインかもしれません。早期の場合にはマッサージをすれば直ることもありますが、進行してしまうと、足が痛すぎて靴が履けなくなってしまったり、最悪の場合には手術をしなければいけなかったりすることも、そうならないように、足元はできるだけゆったりしたものを履くようにしましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

モーニング娘等をプロデュースしたつんくと、10万人以上の足を診てきたカサハラフットケア院長・笠原先生が、美と健康をサポートする靴下を新開発しました。外反母趾・浮き指の改善に最適♪ 一度履いてみるとやみつきになる脅威のリピート率で今大人気となっています!
※詳細は → つんく♂プロデュースの美と健康をサポートする靴下が新登場!

このページのトップへ