外反母趾予防のためのおすすめ靴

外反母趾予防のためのおすすめ靴について

日常生活の中の生活習慣が原因で起きている外反母趾は、生活習慣を少し改善することによって、症状を緩和できたり、自然に治療をすることも可能です。また、外反母趾になりかけている人や、まだなっていない人なら、外反母趾にならないような靴を意識しながら選ぶことによって、外反母趾を予防することもできます。それでは、どのような靴を履いたら外反母趾になりにくいのでしょうか?

外反母趾の原因を考えてみましょう。靴の幅が狭いと、足の親指や小指がギュッと横から抑えられ、意識しなくても靴の中で内側に向かって曲がってしまいます。短時間ならそれでも靴を脱げば元通りになるのですが、靴を履いた状態で歩いたり、一日を過ごしたりしていると、そこに体重という負荷が必ずかかってしまうため、足の形が無理に変形されている状態で上から圧力がかかり、関節自体が変形してしまうことになるわけですね。

そうならないためには、靴を選ぶ際には、はいた時に足の親指や小指がギュッと締め付けられないような靴を選ぶと良いでしょう。最近では靴の幅が少しゆったりと作られている靴なども多いですから、通勤時間など、たくさん歩いたりする場合には、そうした靴を選ぶのも良いかもしれませんね。

気を付けるのは、靴の幅だけではありません。足の形は人それぞれ、若干の個人差があります。靴も同様です。さっと履いてみた時に、なんとなく足の一部が靴に当たって痛いなと感じたり、サイズや形が自分の足にあっていないような靴は、いくらデザインが気に入っても控えたほうが良いでしょう。履いた時につらいなと感じる靴は、靴の中で足のどこかがギュッと押されたりして変形しやすい状態になっているモノ。その状態で長時間靴を履き続けると、高い確率で外反母趾になってしまいます。

外反母趾にならない靴を選ぶ際には、靴を購入する時間帯も大切です。足は午前中と午後とではサイズが変わります。これは、午後になると足がむくんでしまうためにサイズも大きくなってしまうことが原因ですが、足がむくんでいない状態で靴を購入してしまうと、午後になって足がむくむと靴が窮屈になってしまいます。靴を買うなら午後がおすすめですね。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

モーニング娘等をプロデュースしたつんくと、10万人以上の足を診てきたカサハラフットケア院長・笠原先生が、美と健康をサポートする靴下を新開発しました。外反母趾・浮き指の改善に最適♪ 一度履いてみるとやみつきになる脅威のリピート率で今大人気となっています!
※詳細は → つんく♂プロデュースの美と健康をサポートする靴下が新登場!

このページのトップへ