岩盤浴と妊婦

岩盤浴と妊婦について

お腹に赤ちゃんのいる妊婦さんは、基本的には岩盤浴はお勧めできません。施設によっては妊婦さんでも自己責任ということで入浴が許可される場合もあるようですが、多くの施設では、万が一のことも考慮して、妊婦さんの利用は禁止になっているようです。なぜ妊婦さんは岩盤浴をしてはいけないのでしょうか?

岩盤浴をすると、妊娠中でなくても大汗が出て体内の水分が急激に失われていきます。それは水分補給をすることで解消できますが、体が芯まで温まるので、内臓機能や一つ一つの細胞の働きが活性化し、特に何かをしているわけではなくても、体がとても疲れてしまいます。また、血行も良くなるので心臓に負担がかかり、心拍数も上がります。妊娠していない健康な人なら、こうした症状が起きても問題ありませんが、妊婦さんの場合には、母体が受ける負担だけではなく、お腹の胎児が受ける負担も考えなければいけません。

例えば、血行が良くなることで心拍数が上がると、母体にとってはそれほど大きな負担はなくても、お腹の中の赤ちゃんにとってはかなり大きな負担となってしまいます。できれば控えたほうが良いのです。

それだけではありません。岩盤浴では、プレートの上に横になることで、お湯を使わないドライな入浴を行います。衛生管理がきちんとされている施設でも、他人が持ち込んだ菌などに感染するリスクがあるわけですから、お腹に胎児を抱えている妊婦さんがこうした菌に感染してしまうと、場合によっては胎児に影響が出てしまう可能性もあります。細菌の感染などは、細菌が目に見えるわけではないので確実に感染を予防できる方法があるわけではありません。それに、何かあってからでは後悔しても後悔しきれません。

妊娠する前から岩盤浴を行っていた人でも、妊娠中にはお腹の中に胎児を抱えているということもあり、ちょっとした刺激や変化によっても体調が異変をきたしてしまう場合もあります。便秘になりやすかったり運動不足になりやすい妊娠中こそ岩盤浴でデトックスしたいなという気持ちがあっても、妊娠中には野菜ジュースとかお風呂の湯船に長く使って汗を出すようなデトックス方法を見つけたほうが良いでしょう。

スポンサード リンク

このページのトップへ