岩盤浴と下着

岩盤浴と下着について

自宅に岩盤浴の設備が完備されている人は多くはないため、ほとんどの場合には岩盤浴を楽しもうと思ったら、温泉や特定の施設に足を運ばなければいけません。温泉や銭湯などの公共浴場では、もちろん利用しているのは自分だけではないので、他人の目を気にしながら岩盤浴を行うことになります。遠赤外線を放出している鉱石の上に横になることによって、お湯を使わなくても体が芯から温まる岩盤浴では、一般的には施設で貸してもらう浴衣を身に着けた状態で、鉱石の上に横になる事が多いですよね。初めての人二もわかりやすいように、施設には説明書きが表示されていますし、浴衣を借りる時にも簡単に説明してもらえるようです。

ここで多くの人が疑問に感じることがあります。それは、下着はどうしたら良いのだろう?という事。岩盤浴はお湯を使わないとはいってもやっぱり大汗が噴き出すお風呂という感覚で利用するわけですし、自分が身に着けている下着も、もちろん汗でびしょびしょになってしまいます。

「下着はつけなくても良いの?」
と疑問に感じる人もいるでしょう。基本的には、岩盤浴の時には下着は一切付けずに、施設で貸してくれる浴衣を着用しますが、もし下着をまったくつけないことには抵抗を感じるという場合には、施設によっては使い捨ての紙パンツが販売されていることもあるようです。

女性の場合、下着と言ってもパンツだけではありませんよね。ブラジャーをつけないと落ち着かないという人も多いはず。岩盤浴の施設では、残念ながら使い捨てのブラジャーなどは販売されていないので、もしもブラジャーを付けたまま岩盤浴をしたい場合には、自分自身で着替えの下着を持参したほうが良いかもしれませんね。

下着をつけているとダメとか、下着によって岩盤浴の効能が低下してしまうということはありません。大汗でびしょびしょになることを理解していれば、下着はつけても問題ありません。下着をつけているからと言って施設の人に怒られたりすることはないので安心してくださいね。

スポンサード リンク

このページのトップへ