ハンドケアとは

ハンドケアについて

ハンドケアとは、手のお手入れをすること。仕事をしていると他人からよく見える手は、お手入れをしないとガサガサになってしまう部分。手がガサガサだと、自分も他人も、気持ちがゲンナリしてしまいますよね。

ハンドケアには、汚れケア、乾燥ケア、洗剤対策の3つに大きく分類することができます。

■汚れケア
手の表面に、油やほこりなどの汚れがいつまでも残っていると、肌のバリア機能が低下する原因となります。それに、汚れている手にいくらハンドケアをしても、汚れの膜によってハンドクリームなどの成分が肌に吸収されにくくなってしまいますよね。手は汚れたなと思ったらきれいに洗う習慣を付けましょう。熱いお湯で洗う必要はありません。水で手洗いするだけでも、汚れは十分に落とすことができます。石鹸で手を洗った後には、必ずハンドクリームをつけることもお忘れなく。

■乾燥ケア
一日の間に、何回手を洗っていますか?いちいち数えたことがないという人も多いですよね。そうです、私たちは一日の間に手を洗う機会がとても多く、食事の支度や入浴なども入れると、手が水に触れている時間は意外と多いものです。ハンドケアの中でも日常的に行うことができる乾燥ケアは、もっとも簡単な方法はクリームを塗るという方法。しかし、ハンドクリームを塗る前には、手に残っている水分もしっかりとタオルドライしてあげましょう。水分が手に残っていると、その水分は蒸発する際に肌の水分も一緒にもっていってしまいます。それが、肌の乾燥を進行させてしまうことになります。

また、食器洗いをする際にお湯を使う人も多いと思いますが、暖かいお湯にはできるだけ素手で触れないように心がけることも、乾燥ケアになります。冷たい水では油汚れが落ちないので、どうしても熱い熱湯で洗いたいという人も少なくありません。その場合には、できるだけゴム手を使い、素手で温かいお湯に触れる機会を徹底的に少なくしましょう。これは、洗剤対策にもなります。

■ 洗剤対策
食器洗いの洗剤や、洗濯洗剤などには、皮脂や汚れを落とす成分が配合されています。その成分によって手の皮脂も根こそぎ落ちてしまうので、素手で洗剤に触れていると、あっという間に手は乾燥してボロボロになってしまいます。洗剤に触れる場合には、必ずゴム手をはめるようにしましょう。ゴム手の前にハンドクリームを塗っておくと、パック効果も期待できるのでお勧めですよ。

スポンサード リンク

美手肌&美爪ケアせっけんの紹介

ハンドケアに最適な人気ネイリストが作った奇跡の美手肌&美爪ケアせっけんが今人気となっています。手肌と爪の悩み。頑張ってケアしているのに解決しないのは、食器洗剤やハンドソープで手肌と爪を傷め続けているからです。
この人気ネイリストが作った石鹸で洗うだけで美しい手肌と爪が手に入る!?・・・興味があったらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね。じっくり試せる30日間保証、全額返金キャンペーンも実施されているので、その魅力を試すにはお得となっていますよ♪ 
※詳細はこちら → 美しい手を守るディッシュソープ

このページのトップへ