オイル成分を使ったハンドケア方法

オイル成分を使ったハンドケア方法について

手の乾燥がひどくなると、ハンドクリームだけではなかなか保湿ケアができなくなってしまいます。ハンドクリームをつければ肌の水分が閉じ込められるので、多くの場合には手荒れなども改善できます。しかし、手が乾燥しすぎてバリア機能が低下してしまうと、ハンドクリームだけでは肌に充分な保湿ができなくなってしまいます。化粧品とハンドクリームのダブル使いをすれば少しずつ肌質は改善できますが、毎日の生活の中で肌はどんどん乾燥がひどくなってしまいますから、ハンドケアもできればスピーディに効果が出るモノが良いですよね。

オイル成分を使ったちょっと変わったハンドケアをご紹介しましょう。重度に乾燥している手や、乾燥しやすい季節の集中ケアとしてトライしてみてくださいね。

まず、準備するものは、ハチミツとオイル。ハチミツはスーパーで普通に販売されている食用のものでOKです。オイルは、できれば肌トラブルを解消してくれる効果のあるホホバオイルやアルガンオイルなどが理想的なのですが、手に入らなかったり見つけづらい場合には、スーパーで販売されているオリーブオイルでもOKです。ちなみに、食用のオリーブオイルを使う場合には、少し値段は高めですがエキストラバージンを使うようにしましょう。スキンケア用のオイルを購入する場合には、アロマオイルなどが販売されているショップに足を運んでみてください。いろいろなオイルが販売されているので、その中から自分の好みで選ぶことができます。ハンドケアの保湿効果を期待できるオイルには、上記に述べたホホバオイルやアルガンオイル以外にも、馬油やクランベリーシードオイル、ローズヒップオイルなどがおすすめです。

ハチミツとオイルを同量で混ぜてください。そして、いきなり手にたっぷりと塗りましょう。ハンドバスなどで手がしっとりしていれば理想的ですが、肌荒れがひどくて痛みを感じる場合などには、そのまま乾いた手に塗ってもOKです。その後、使い捨てのビニール手袋を手に装着して、15分程度放置します。ハンドケア効果をマックスにしたい場合には、お風呂の湯船に半身浴するのおおすすめ。スチーム効果でハンドパックの効果もアップしますよ。

スポンサード リンク

美手肌&美爪ケアせっけんの紹介

ハンドケアに最適な人気ネイリストが作った奇跡の美手肌&美爪ケアせっけんが今人気となっています。手肌と爪の悩み。頑張ってケアしているのに解決しないのは、食器洗剤やハンドソープで手肌と爪を傷め続けているからです。
この人気ネイリストが作った石鹸で洗うだけで美しい手肌と爪が手に入る!?・・・興味があったらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね。じっくり試せる30日間保証、全額返金キャンペーンも実施されているので、その魅力を試すにはお得となっていますよ♪ 
※詳細はこちら → 美しい手を守るディッシュソープ

このページのトップへ