介護の仕事をしている人のハンドケア方法

介護の仕事をしている人のハンドケア方法について

高齢化社会が進むにつれて、福祉業界や介護業界などで仕事をする女性も増えてきました。介護や福祉の仕事は病院の仕事と同じで、一日にたくさんの患者さんや高齢者のお世話をしますよね。一人の高齢者をお世話したら、次のお年寄りのケアをする前には、必ず石鹸で手洗いをしなければいけません。これは、皮膚感染による疾患が他の高齢者に移ってしまうのを防ぐという目的もありますし、ケアをした後に手に残っている細菌やバクテリアなどを洗い落とすという目的でも行われています。

介護のお仕事をしている人は、毎日何回も手を洗います。そのため、肌質にかかわらず手がかなり乾燥している人が多いようです。しかも、石鹸で手を洗うだけではなく、消毒液を使ったり、入浴介助を行ったりすれば、自分の手に残っている皮脂もすべて取れてしまうので、手のバリア機能も低下して肌が慢性的にカサカサになってしまうことも少なくありません。

そうはいっても、まさか高齢者のケアの間の手洗いをするたびに、ハンドクリームを塗るわけにもいきませんよね。手の保湿という点では効果的ですが、時間もかかりますし、きっと先輩や上司から怒られてしまうでしょう。

介護の仕事をしている人におすすめのハンドケアをご紹介しましょう。

手が慢性的に乾燥している場合には、お風呂上りでまだシットリしている手にコッテリとハンドクリームをつけて、自分自身の両手を使ってマッサージしましょう。お風呂上がりには肌は何でも吸収し安状態になっているので、クリームもスピーディに吸収されていきます。クリームが肌に吸収されたら、また追加してください。マッサージは5分〜10分程度。血行も良くなりますし、手もかなりスベスベになるはずです。

また、寝る前には綿手袋を着用するのもおすすめです。この時にも、手にたっぷりとハンドクリームを塗るのがおすすめ。手荒れがひどい場合には、ハンドクリームではなく、ワセリンなどの軟膏系のクリームをたっぷり塗ってから手袋を装着するのも効果的です。

スポンサード リンク

美手肌&美爪ケアせっけんの紹介

ハンドケアに最適な人気ネイリストが作った奇跡の美手肌&美爪ケアせっけんが今人気となっています。手肌と爪の悩み。頑張ってケアしているのに解決しないのは、食器洗剤やハンドソープで手肌と爪を傷め続けているからです。
この人気ネイリストが作った石鹸で洗うだけで美しい手肌と爪が手に入る!?・・・興味があったらぜひ詳細をご覧になってみてくださいね。じっくり試せる30日間保証、全額返金キャンペーンも実施されているので、その魅力を試すにはお得となっていますよ♪ 
※詳細はこちら → 美しい手を守るディッシュソープ

このページのトップへ