加齢臭とノネナールの関係〜生活習慣や食生活を改善し加齢臭予防を!

おじさんの臭い、といえば加齢臭。加齢臭はオヤジ臭と呼ばれたりして、若い人たちからとても嫌がられてしまう臭いですよね。どんなに清潔にしていても、老化現象に伴って加齢臭は出てきてしまいます。その加齢臭の直接の原因となっているのが、体内で生成されているノネナールという物質です。

 

体内には、肌表面が乾燥しすぎないように皮脂腺という毛穴から皮脂が分泌されています。皮脂は脂肪ですが、この脂肪が体内の過酸化物質と触れることによって、ノネナールを発生してしまいます。若い頃にも皮脂腺は当然ありますし、過酸化物質と触れてノネナールを発生することもあるのですが、若いころには、ノネナールを抑制する機能が作用しているため、ノネナールの物体が毛穴などから体臭として湧き出てくることはほとんどありません。しかし、老化現象によって、ノネナールの発生を抑制する機能が低下してしまうため、体内で発生したノネナールが、容赦なく体の外にオヤジ臭として漂ってしまうのです。

 

ノネナールは、体内で自然に作られている物質なので、ノネナールの発生を根こそぎ止めてしまうことはできません。しかし、生活習慣や食生活を改善することによって、ノネナールが発生しにくい体質を作ることは可能です。また、肌の表面を弱酸性に保つような薬用せっけんを使ってシャワーしたりシャンプーしたりすれば、ノネナールが加齢臭として臭いにくい肌環境を作ることもできます。

 

体内でノネナールの発生自体を低下させるためには、体内の脂肪酸が酸化しにくい体内環境を作ることが有効です。抗酸化作用が強い成分を積極的に体内に取り入れたり、肌の表面に塗布したりすれば、脂肪酸がなかなか酸化されなくなるので、ノネナールの発生を抑えることにもつながりますね。

 

ドラッグストアに行くと、加齢臭対策のボディシャンプーや薬用せっけん、ヘアケア用品などがずらりとラインナップされています。これらのアイテムには、加齢臭の発生を長時間抑えてくれる成分が豊富に入っているので、加齢臭が気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

免疫低下と加齢臭の関係〜加齢臭の原因でノネナールの活発化を抑えるには

人間は誰でも加齢とともに老化現象によって、体のいろいろな機能が低下していきます。消化機能、代謝機能、免疫機能など、目に見える機能低下を自覚できることもあれば、知らないうちに機能が低下していた、なんてこともあったりするわけです。アラフォーになると臭いやすくなる加齢臭も、実は免疫機能の低下が原因と言われています。

 

免疫機能は、人間の体の外から侵入してくる細菌や病原菌から体を守ってくれる働きをしています。免疫機能をつかさどっているのは、血液中の白血球、リンパ球、マクロファージと呼ばれる細胞たちで、これらの細胞によって抗体や免疫物質が体内で作られます。免疫細胞は、体のリンパ節や骨髄、脾臓などで作られていて、血液を通して全身に運ばれます。

 

免疫機能が正常に機能していれば、少し位のことでは風邪をひいたりしませんし、疾患にもかかりにくいものです。しかし、疲れやストレス、加齢などによって免疫機能が低下すると、外部から細菌や病原菌が侵入しやすくなってしまうため、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。

 

加齢によってこの免疫機能が低下してくると、体内で細菌や雑菌などが繁殖しやすくなります。加齢臭の原因でもあるノネナールという成分も、そんな雑菌の一つなのですが、若いころのように免疫力がノネナールを撃退してくれなくなってしまうために、アラフォーを過ぎるとノネナールの繁殖が活発になりすぎて、体臭としてぷーんと臭いを発してしまうわけですね。

 

免疫機能の低下は老化現象の一つなので、どんなに努力しても若いころと同じレベルの免疫機能を取り戻すことはなかなか難しいものです。しかし、免疫機能ができるだけ低下しないように生活習慣や食生活を心がけることによって、免疫機能の低下をゆっくりにすることは可能です。そのためには、体の疲れやストレスをできるだけ体内にため込まないように、規則正しい生活を心がけたり、ヘルシーな食生活を心がけたり、また、ストレス発散のために楽しく過ごせる時間を確保するなどの工夫も必要です。

 

加齢臭と病気の関係〜加齢臭の臭いによって体内の疾患を早期発見する!

加齢臭はアラフォー以上の年齢なら、誰が臭ってもおかしくない老化現象の一つです。病気や疾患などが原因で加齢臭を発生させているということは、現代の医学ではまだはっきりと関係づけられているわけではありませんが、加齢臭の強さで、病気を疑うこともできるのだそうです。

 

加齢臭は、生活習慣や食生活などによって、どうしても強くなってしまうこともあります。煙草を吸う人、アルコールを頻繁に飲む人、ストレスで暴飲暴食してしまう人、忙しくて運動不足になりやすい人などは特に、加齢臭もそうですが、血圧が上がりやすかったり糖尿病になりやすかったりして、生活習慣病予備軍かもしれませんよね。

 

「自分の加齢臭は、たばこのせいだ」
「自分の加齢臭はストレスが原因だ」
「自分の加齢臭は糖尿のせいだ」
とはじめから決めてしまうのはいかがなものでしょう。加齢臭は体内から湧き出てくる老廃物の臭いだったりすることもあるので、どんな臭いの加齢臭が漂っているのかによって、体内に潜んでいる疾患や病気を予測することも可能です。

 

・魚臭い
加齢臭がなんとなく魚が腐ったような生臭い匂いになっている場合には、代謝機能が正常に機能していない可能性があります。トリメテルアミン尿症(魚臭症候群)とよばれる秒k字は、体臭が魚臭くなるという症状を持っています。

 

・甘くてすっぱい臭い
糖尿病の恐れがあります。加齢臭とともに尿も甘い感じの臭いがしたら、糖尿病の可能性が高いですね。

 

・アンモニアの臭い
体臭がアンモニアの臭いがする場合には、腎臓の機能が正常に働きていないことが多いようです。

 

・頭の加齢臭が強烈
頭部の加齢臭ばかり異常なほどに臭うという場合には、もしかしたら頭皮に真菌に侵されている脂漏性皮膚炎かもしれません。

 

以上のように、加齢臭の臭いによって体内の疾患を早期発見することもできます。加齢臭を抑えることは大切ですが、体内の疾患を治療することによって、こうしたいやな加齢臭を予防することにもつながります。

 

加齢臭予防対策に効果的な香水(フレグランス)を付ける場所と使い方

加齢臭が起こる原因は、毛穴の中から分泌された皮脂が酸化し、それをエサとする雑菌たちが増殖することによって強烈なニオイを放ということです。そのため、加齢臭が気になるからと言って原因を除去せずに香水をつけていても、根本的な解決にはなりません。場合によっては、加齢臭と香水の香りが混ざってしまい、他人にかなり嫌がられてしまうこともあるので注意しなければいけません。しかし、加齢臭をそのままにしておくのは誰だって嫌ですし、香水の香りで加齢臭を消せるのなら、チャレンジしてみたくありませんか?そんな時には、香水の選び方を少し工夫したり、つけ方を工夫するのがオススメです。

 

まず、香水をつける前には、しっかりと加齢臭対策をしましょう。加齢臭は耳の後ろや首の後ろなどから臭うのが特徴なので、この部分は加齢臭対策用のシャンプーやボディソープを使ってしっかり洗ってあげましょう。汗をかいたりオイリーになってくると臭いが強くなりますし、汗や皮脂を放置するのも臭いが強くなる原因となるので、木になる時にはこまめにタオルやハンカチを濡らしたもので耳の後ろや首の後ろを拭きとってあげる工夫がオススメです。

 

また、加齢臭が気になる人は、シャワーのタイミングは外出する直前がオススメです。あまり早くにシャワーを浴びてしまうと、その後少しずつ皮脂が分泌されていくため、臭い安くなる時間が早くやってきてしまいます。できるだけ外出の直前にシャワーを浴びて皮脂をすっきり洗い落としてあげることが、外出中に加齢臭が気にならずに過ごすためのコツです。

 

そして、香水をつける場所ですが、加齢臭が臭いやすい部分は避けるのがオススメ。香水の香りは上から下に上がってくるので、できるだけ体の下の方につけるのが良いでしょう。自分自身で香りを楽しみたい人なら、手首などが良いですし、足首につけておくと動いた時に周囲にフンワリと香りが広がってくれます。間違っても、加齢臭が漂う耳の後ろや首の後ろにはつけないようにしましょう。

 

加齢臭予防シャンプーの効果的な使い方〜シャンプーの仕方の工夫とは

加齢臭は老化現象の一つでもあるので、加齢臭がまったく発生しない体質を手に入れることは不可能です。しかし、普段の生活を少し工夫することで、加齢臭が他人に臭いにくい体質を作ることは可能です。その一つに、シャンプーやボディソープを使う方法があります。

 

髪を洗うとき、誰でもシャンプーしますよね。シャンプーはどの商品も、頭皮に詰まっている毛穴の汚れや皮脂などを取り除く作用があります。しかし、薬用シャンプーや加齢臭対策のためのシャンプーなどは、それだけの機能では終わりません。頭皮の汚れをきれいに洗浄したら、頭皮から分泌されてくる皮脂が酸化しにくい頭皮環境を作ることができます。つまり、頭皮を弱酸性にキープすることによって、皮脂が酸化してノネナールが発生するのを予防することができるわけです。

 

薬用シャンプーや加齢臭予防のためのシャンプーは、ドラッグストアなどで購入することができます。他の一般的なシャンプーと比べると少しだけ根が張るかもしれません。

 

「加齢臭は予防したいけれど、シャンプーにお金はかけたくない」
という場合には、シャンプーの仕方を工夫する方法もおすすめです。

 

まず最初に、シャンプー前にお湯で良く頭皮を濡らし、頭皮をお湯でマッサージするように指の肌を使って良くもみながら洗ってあげましょう。この時、髪に注意を払う必要はありません。頭皮のみに集中しましょう。この作業をシャンプー前にすると、頭皮についている汚れの60%以上はここで洗い落とすことができます。

 

次にシャンプーですが、シャンプーをいきなり頭につけるのではなく、手のひらで泡立ててから、頭皮を泡洗髪してください。上手に泡立てられなかったら、洗顔剤を泡立てるための洗顔ネットを使用するのもおすすめです。また、加齢臭を予防するためには、オーガニックや無添加タイプのマイルドなシャンプーを選んだほうが良いみたいです。

 

この作業で、頭皮の加齢臭はぐんと臭いにくくなります。毎日のシャンプータイムでぜひお試しくださいね。

 

体臭/加齢臭/口臭予防で人気の「臭ピタッ!」の詳しくはこちら