高コレステロール血症とは

高コレステロール血症について

生活習慣病の一つでもある高コレステロール血症。コレステロールとは脂肪の一種なのですが、血液中にコレステロールと呼ばれる脂肪の量がふえてしまうと発症してしまう病気です。

最近では、生活習慣病とのかかわりがクローズアップされているためでしょうか、コレステロールというと、すぐに「悪」だとイメージしてしまう人も少なくありませんよね。確かに、血液中に過剰なまでに脂肪が増えてしまうと悪な存在になってしまいますが、コレステロールはもともと人間が生きていく上ではとても大切な働きをしています。

コレステロールは、一つ一つの細胞の細胞膜を作ったり、血管の弾力性などと大きな関係がある成分です。また、ホルモン分泌のためには必要な成分なので、コレステロールがまったくない体は、それはそれで命に係わる病気となってしまいます。しかし、血液中にたくさんの脂肪が増えすぎてしまうと、本来はサラサラなはずの血液がドロドロになり、血液の流れも悪くなってしまいます。また、ヘドロのようにドロドロになってしまった血液が血管の壁にこびりついたりすると、その部分の血管が細くなって血流が悪くなってしまったり、もともと細い毛細血管などでは、詰まってしまった部分よりも先の細胞に血液が行き届かなくなってしまうこともあります。それが、高コレステロール血症の怖い部分なのです。

高コレステロール血症になると、全身どこでも血液が流れている場所の血管が詰まりやすい状態になってしまいます。その中でも、毛細血管がたくさん流れている脳の血管が詰まると、脳梗塞や脳出血などの脳疾患を引き起こしてしまいますし、心臓付近の血管が詰まると、心筋梗塞や狭心症を引き起こすリスクが高くなってしまいます。また、体内の毒素や老廃物を体外に排出するフィルターの役割をしている腎臓周辺の血管が詰まると腎不全や腎硬化症を引き起こしてしたりして、体内の毒素が尿として排出されにくくなってしまいます。このように、高コレステロール血症は合併症がとても怖い疾病でもあります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高コレステロール血症対策館]について

高コレステロール血症の原因や症状の基礎知識をはじめとして、治療薬やサプリメント、運動療法での対策方法に、ネフローゼ症候群や食事との関係等など幅広く奥深くまで解説した高コレステロール血症総合情報サイトです。高コレステロール血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高コレステロール血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ