高コレステロール血症と食事の関係

高コレステロール血症と食事の関係について

血液の中に脂肪がたくさん増えすぎてしまう高コレステロール血症は、生活習慣や食生活が原因となって発症することが多いようです。食べ過ぎによる肥満体系の人などは、脂質を摂取する量も多かったりするので、その分高コレステロール血症にもかかりやすいといわれていますが、高コレステロール血症は肥満でない体型の人でも発症することが少なくないので、肥満でないからといって安心してしまえないという特徴もあります。

高コレステロール血症になりやすい食事は、やはり脂質をおおく摂取している食生活ではないでしょうか。脂質といっても特に血液中の悪玉コレステロールを増やしやすいのが、動物性脂肪と呼ばれている脂肪です。

脂肪というと、肉の脂身や鶏肉の皮などをイメージする人も多いですよね。確かに、そうした脂身もすべて高コレステロール血症の原因となってしまいます。しかし、それだけではありません。動物から作られている食品の多くには、この動物性脂肪が含まれているので、気を付けなければいけない食品はとてもたくさんあるのです。

例えば、バターやラード、卵、牛乳、ヨーグルトなどにも、動物性脂質は含まれています。高コレステロール血症と診断されたら、徹底的にこうした動物性脂肪の摂取を控えなければいけませんから、こうした食品も今まで通りにたっぷり食べることができなくなってしまいます。しかし、肉の脂身などと比べると、卵やヨーグルトには、良質のたんぱく質や乳酸菌など、血液中の善玉菌を活性化してくれる成分もたくさん含まれていますよね。そのため、こうした食品をまったく食べないというのもまた、健康にとっては良くありません。全体の食事におけるバランスを考えながら、適量を摂取するようにしましょう。

同じ脂肪といっても、植物性の脂肪や魚の脂肪などは、それほど血液に害を及ぼすわけではないので、高コレステロール血症と診断された人でも摂取OKです。特に、魚の皮に含まれている魚油には、血液中のコレステロールを分解してくれる働きがあるので、高コレステロール血症の食事療法でも、焼き魚などはできるだけ積極的に食べたい食品といえそうですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高コレステロール血症対策館]について

高コレステロール血症の原因や症状の基礎知識をはじめとして、治療薬やサプリメント、運動療法での対策方法に、ネフローゼ症候群や食事との関係等など幅広く奥深くまで解説した高コレステロール血症総合情報サイトです。高コレステロール血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高コレステロール血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ