高コレステロール血症の治療薬

高コレステロール血症の治療薬について

血液中の脂質が異常なまでに多くなってしまう高コレステロール血症は、毎日の食生活が原因で発症する生活習慣病です。そのため、高コレステロール血症と診断されでも、その症状が軽度の場合には、自宅で運動療法や食事療法などによって症状を軽減するための指導が行われます。しかし、症状がそれほど軽度ではない場合には、いつ血管が詰まってしまうかわかりませんし、万が一詰まったり出血してからでは遅いので、治療薬を使って血液中の脂質を調整するための薬物治療が開始されます。

高コレステロール血症の治療薬は、血液中の悪玉コレステロール(LDL)の数を減らすとともに、善玉コレステロール(HDL)を活性化することで悪玉コレステロールを撃退できるような治療薬が使われることが多いようです。どちらの治療薬が使われるのかは、その人の血液検査の結果や高コレステロール血症の原因によって異なります。

高コレステロール血症の治療薬には以下のものがあります。

・コレステロール合成阻害薬
スタチン系薬物で、体内で悪玉コレステロールが生成されないようにする働きがあります。

・コレステロール異化促進薬
高コレステロール血症の原因となる悪玉コレステロールは、肝臓で生成されています。脂肪成分が肝臓に入ると、コレステロールが生成されるか胆汁酸が生成されるか、その人によって異なるのですが、この薬を使って肝臓内でコレステロールではなく胆汁酸をたくさん作らせるようにすることも可能です。

・トリグリセリド合成阻害薬
血液中のトリグリセリドと呼ばれる脂肪酸の濃度を薄くする働きがあります。横紋筋融解症という副作用が起きやすい特徴があります。

・コレステロール吸収阻害薬
コレステロールが血液中に吸収されないように阻害し、老廃物として体外に排出してしまうという働きがあります。

他にも高コレステロール血症の治療薬には多くの薬品が採用されています。それぞれに作用も異なり、副作用の有無についても異なりますから、自分の高コレステロール血症にピッタリの治療薬を使うことが、早期治療のためには必要です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [高コレステロール血症対策館]について

高コレステロール血症の原因や症状の基礎知識をはじめとして、治療薬やサプリメント、運動療法での対策方法に、ネフローゼ症候群や食事との関係等など幅広く奥深くまで解説した高コレステロール血症総合情報サイトです。高コレステロール血症に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [高コレステロール血症対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ